So-net無料ブログ作成

クリーブランドのTQ7200?(1998年) [海外出張+空き時間鉄]

先週、池上線の7600(元7200)に出会ったのがきっかけで、ある電車のことを思い出しました。
エアポーター09kakudai.JPG(1)

それはコレです。なんだ東急じやないか?いえいえ、違いますよー。
ここはアメリカ、エリー湖畔の工業都市クリーブランドです。
1998年に仕事で2泊だけしたとき、かねてから雑誌で知っていて、是非見たいと思っていた空港連絡鉄道に走っていたのが、東急7200によく似たこの電車だったのです。
何しろたった2泊ですから、じっくり撮影出来るはずもなく、以下の2カットはランチに向かうクルマで線路際を通った時に、ドライバーに無理言って停まってもらい、腹減ったぞ〜!という非鉄同行者のブーイングをバックに撮影したものです。E34-01.JPG(2)
そのせいで(そのせいとばかりは言えないか?)ひどい写真ですね。この電車が『Airporter』と呼ばれてる、とドライバーが教えてくれました。
E34-02.JPG(3)
ここは都心から少し離れたEast34St.という駅ですが、ホームが前後2段になってるのがお分かりでしょう。その昔の広電宮島線みたいですが、このあたりはLRTと線路を共用し、路面電車スタイルの電車も同じ線路を走っています
(路線図参照=Red Lineがこの路線、Blue、Green LineがLRTです)MAP.JPG
都心部はかつてのNYCの本線敷地を流用していて、複々線の敷地を小さな電車が走るのは不思議な風景でした。
エアポーター04.JPG(4)

(5)線路を共用するLRTは、こんなダサい奴でした。LRT02.JPG
NYC時代からの関西私鉄スタイル(ってかこちらがオリジナル)架線柱が残る線路を、エアポーターとすれ違って走る姿は面白いですが、いかんせん、このデザインは×ですね。
LRT01.JPG(6)

我が家のそばに生息してる赤蟷螂か、はたまた首領様の平壌トラムか?何の魅力も無い電車でしたね〜。


その昔は、PCCがポール(!)をかざして乗り入れてたとは。
(現地サイトから)
PCC01.JPGPCC02.JPG


あーあああ嗚呼!この方が100倍カッコいい!


再びクリーブランドのTQ7200(モドキ)ですが、似てるのは当たり前で、なんと!かの東急車輌製ですから
E.JPG(7)
エアポーター03.JPG
(登場時の姿=現地サイトより)
いまじゃ社名も変わり、JR東の下請けで下らない電車ばかり造ってますが、この電車が新造された1980年代には東急車輌もアメリカに逆上陸する勢いがあったんですねぇ

(8)都心の駅に貼ってあったポスターも思い切りフィーチャーされてました。エアポーター09.JPG

その駅=Tower City-Public Square駅のホームで撮ったのが、以前も見ていいただいたこの写真~前面はダイヤモンドカットでなく、7000と同じ折妻スタイル。7000と7200の折衷かな?
東急クリーブランド.JPG(9)
アメリカの地下駅は照明が暗く、写ルンですでは綺麗に撮れず苦労します・・


(10)こちらはサイドビュー=7200よりも大形な固定窓が並んでます。乗務員扉が無いのはアメリカの電車ではデフォですね〜
エアポーター08.JPG
でも、高架駅のこんなアングルで出会うと、エリー湖の畔に東横線中目黒駅が現れたような気になっちゃう…。


エアポーターですから当然ですがクリーブランド空港地下まで伸びてました。
エアポーター05.JPG
(11)短い滞在を終えて空港で搭乗待ちの間に、最後のワンカット。
さよなら7200モドキちゃん・・。

ちなみに現在も、池上線の7600・7700と同じく電気品等がリニューアルされて頑張ってるそうです。
(現地サイトより)
エアポーター11.JPGエアポーター10.JPG
赤帯が撤去されてサッパリ、ますます東急風に?
(先週まで歌舞伎塗りだった7601編成もシルバーに戻ったと、利きゅう様から情報いただきました。)
ほらほら
まだ使えるんですから、なんでもアメリカの真似する日本らしく7600・7700を廃車にしないで!

今もがんばる東急7200モドキ、エアポーターとしては2代目なんですね。

1968年登場の先代
も、プルマン製のなかなかカッコいい電車でした。
エアポーター07.JPG
実はこの電車、Cedarのオキニのひとつでして、クリーブランドで逢えるのを期待しましたが、全車リタイアした後でした。(画像は現地サイトより)
エアポーター06.JPG
1968年製のこの電車といい、同じ頃に出来たシカゴやボストンの地下鉄といい、アメリカン電車もなかなかでしたねぇ。

その技術とエッセンスを取り入れて、粋な電車造ってたのに…
(12~15)
もやもや1.JPG無題8000.JPG東急車輛6000R.jpg東急車輛13.JPG

東急車輌のバカ~!
『走ルンです』なんかシコシコ造ってる場合かああ嗚呼嗚呼~!
ではまた。



nice!(14)  コメント(18)  トラックバック(0) 

nice! 14

コメント 18

のり

軌道線車両が鉄道線に乗り入れて郊外のお客様を都心部へ運ぶ…、土佐電鉄安芸線もそんな感じでした。
大都市近郊では輸送力の観点から困難なのでしょうが、路面電車を持つ中規模の都市では有効な交通手段としてもっと活用できたのではないかと思います。岐阜が最も残念な例だと思うのです。

南海は、梅鉢・帝国のつながりから東急車輌製の車両ばかりになっていますが、ラピートあたりまでは「すごい!」と思っていました。しかし、いまでは南海の個性はまったくありませんね。サザンプレミアムが登場した時、その外観に思い切りガッカリしました。
阪堺の新型がアルナでよかった…。
by のり (2014-11-27 07:05) 

Chitetsu

流石、本場!
と思ったら東急製だったのですか〜。
逆上陸する勢い、あったんですね。
今作ってる商品じゃ戦えなさそうですね!
by Chitetsu (2014-11-27 07:28) 

hanamura

改造されてワンマンカーになっても末永く
ラッピング(広告)着替えながらも末永く
なんにもかわらなくて末永く
(いろんな会社のいろんな車両を想っています。)
by hanamura (2014-11-27 07:40) 

ha

初めまして。
いつも見させていただいています。

東急製のアメ車おもしろいですね。
中程の写真で気になるものがありました。JRに最近増えてきた逆U字形の架線柱、アメリカの物まねだったのですね。

by ha (2014-11-27 10:02) 

Cedar

◼︎のり様
クリーブランドの場合、廃線になった幹線鉄道の線路敷地を利用して1955年にレッドラインが開業し、合わせて郊外路面電車の一部が乗り入れたようです。日本には無い柔軟な発想ですね。
南海の次の新車はサスティナか?はたまた山手線モドキか?嫌ですねぇ。
◼︎Chitetsu様
TOKYU CAR の製品はNYメトロノースの電車、ロングアイランドのダブルデッカー、バッファローのLRTなどがあります。
今の走ルンです、はアメリカには売れませんね。あちら仕様はかなりハイスペックですから…。
◼︎hanamura様
末永く、良い言葉です。がぁ…JR東日本だけには通用しないですねぇ。TOBUや関西私鉄の爪の垢でも煎じて飲ませないと…。

★サットン様
nice!ありがとうございます




by Cedar (2014-11-27 10:17) 

Cedar

◼︎ha様
コメントありがとうございます。
架線柱ですが、最近のJRのは、もっと太く丸太ん棒みたいでデザイン面からみると?ですね。半円形ならまだ許せるのですが…。
こんなヘタレブログですが宜しくお願いします。

by Cedar (2014-11-27 10:46) 

狂電関人

Cedarさま

電関人は、てっきり東葉高速の1000(東西線5000のお下がり)かと(巨爆)
業務連絡ですが、月末と言いながら落ち着かないまま今週で今月も終わりですね。
来月はお忙しいですか?
by 狂電関人 (2014-11-27 13:56) 

EF510-230

廃止された十和田観光電鉄が生き返ったかのように見えました。
by EF510-230 (2014-11-28 00:28) 

Cedar

◼︎狂電関人様
なーるほど、言われてみれば似てますね!
帯色もね。
業務連絡承知しました。
◼︎EF510-230様
十和田観光ですか、言われて見れば〜うーむ。

★やまびこ3様
★あおたけ様
★モボ様
★hideta-o様
★あるまーき様
★sonic様
by Cedar (2014-11-28 01:12) 

Cedar

★すみません!前のリプライの★の皆様、
nice!ありがとうございます
by Cedar (2014-11-28 01:15) 

Cedar

★FTドルフィン様
★chocobo様
nice!ありがとうございます
by Cedar (2014-11-28 08:10) 

五島慶犬

昨日はありがとうございました!
時間も遅くなってしまってスミマセン!
しかし、Cedarさんのホンキモケーを拝見、大層シゲキになりました!
シゲキ、カンゲキです!
Cedarさんの大好きな歌舞伎を剥がしたタイミングでクリーブランドとはこれまたグッドタイミング!
それにしてもいよいよ剥がしても怒られて、東急もCedar対策大変やなあ(核爆)!
by 五島慶犬 (2014-11-28 12:55) 

Cedar

◼︎五島慶犬様
こちらこそ、自分にエンジン〜じゃなくノッチオンする良い刺激をいただきました。あんなモケーでも皆様に見てもらうとヤル気が湧いてきます。
ぜひまた近々。
by Cedar (2014-11-28 13:36) 

Cedar

★nd502様
nice!ありがとうございます
by Cedar (2014-11-29 08:55) 

京葉帝都

五大湖畔の都市でクリーブランドはデトロイトと良く似たような発展と衰退を経てきました。クリーブランドは現在は医療都市のイメージがあります。デトロイトのような廃墟(それを売りにしているくらい)はあまり見られないのではないでしょうか。路線の両サイドが45度カーブしたユニオン駅は、廃止・路線付け替えで再開発されました。NYC全盛が偲ばれるターミナルタワーは残っていますが。登場する電車は短編成ですがどれもクセのある車両ですね。特に1968年登場車はアジア的なムードもあり存在感が伝わってきます。
by 京葉帝都 (2014-11-30 16:00) 

Cedar

◼︎京葉帝都様
この時はデトロイトからクリーブランドへクルマ移動してきましたが、デトロイトの剣呑さから、緑の多いクリーブランドに来て、ホッとした記憶があります。かってのユニオン駅跡がTower-City、Public Square駅付近のようです。
プルマン製初代エアポーターは保存車があるようです。このデザインは素晴らしいですね!

by Cedar (2014-11-30 17:14) 

Cedar

★素人写真様
nice!ありがとうございます
by Cedar (2014-11-30 18:20) 

Cedar

★taharas様
nice!ありがとうございます
by Cedar (2014-12-01 15:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0