So-net無料ブログ作成
検索選択

芋虫電車3重奏 [模型もあります]

今日もまた模型の話でスミマセン、
気がついてみたら我が家には3つのゲージ・スケールのPCCが揃っちゃったんです。
TMS特集シリーズの「京濱電車3重奏」って記事を思い出し、ちょっと真似してみました・・
3重奏01.jpg(1)
京濱電車ならぬ芋虫電車3重奏です。



3重奏12.jpg(2)
元記事の元写真はこちら。かの名車230(←湘南電鉄デ1ほか)を3種のゲージでつくったという記事でした。
小さい順にS→O→1番というのも時代ですねぇ3重奏11.jpg(3)
「戦前一家を成した作者が、戦後模型再開にあたり、各ゲージの比較のために、好きな京浜タイプを作った」っていう〜昭和20年代模型人のマジメさが伝わってきますね。製品も情報も乏しい時代だから仕方なくってのもあるかもしれませんが、なんだか頭が下がっちゃいます。

こっちはものぐさ模型爺Cedarですから、みんな既製品でスミマセン。
3重奏03.jpg(4)
しかもOゲージは未塗装だし・・・

別にPCC大好き!ってわけじゃないのですが・・・・


グラマラスな流線形は、1937年(!)のデビュー当時すでに台頭著しいクルマに対抗して「乗ってみたいデザイン」を目指した結果です。
20170319103821m_SFPCC02-00cce-1.jpg(5)
性能的にも、交差点ダッシュでクルマに負けない高加速高減速を実現しています。
20170319103747m_SFPCC01-1.jpgm_EFBCAEEFBCAAEFBCB0EFBCA3EFBCA301.jpg(6・7)
実際に乗車しましたが、1930年代の設計とは思えない加速と乗り心地でしたね。

3重奏02.jpg(8)
4枚並んだ折戸もアメリカンフレーバー一杯!これはPCC以外でもアメリカではポピュラーで、地下鉄にも同じ様式がありました。
3重奏16.jpg(9)
これはシカゴの電車、下回りは廃線になった路面用PCCの転用です。


PCCには製造年やメーカーに依って色んなバリエーションがありますが、並べてみたら模型も三者(車)三様でした。
3重奏13.jpg
(10)いちばんの違いは側窓でしょうか。当時のバスと同じく側窓上の小さな固定窓(standee windowと呼びます)が並んでるのがいかにもPCCって感じですが、一段窓スタイルも意外に多いようです。


リアスタイルのバリエーション、真ん中の高く小さな窓のが「らしく」ってCedarは好きですが、人それぞれでしょうね。
3重奏04.jpg
(11)当然こちらには運転台はなく、終点ではループで向き変えます。

例えばこんな感じです~
m_EFBCAEEFBCAAEFBCB0EFBCA3EFBCA304.jpg(12・13)
3重奏14.jpg
しかし、この急カーブ、半端ないですね 

両運(Double End PCC)もありますがメリケン国では少数派です。
(14)こちらはかの太平洋電鉄のものです
おもいきりアメリカン04.jpg
3重奏06.jpg
(15)我が家の模型はOですが、かつてはHOも持ってました。


結局はゲージが変わっても好きなお電車は変わらない!?

無駄なモノばかり買わないで餌代に廻せ~と鉄ニャンは思ってるようです。
3重奏17.jpg(16・17)3重奏18.jpg


ここからはオマケ=そもそも3重奏ならぬ2重奏は我が鉄道には多いんです~

(18)コレとか~
3重奏07.jpg3重奏08.jpg
(19)コレとか~

エレクトロライナーズ07.jpg
(20)コレも

3重奏10.jpg
(21・22)コレだって~上がO、下がHOです。
3重奏09.jpg

みんなHOとOが在籍してるわけで・・・・
いやはや改めて並べると、自分でびっくりっす。


こりゃやっぱり進歩が無いニャ~と鉄ニャンもあきらめ&呆れ顔?
3重奏15.jpg
(22)



とかとか、相変わらずのアメリカン(=中身が薄い)な与太話でスミマセン。




ではまた 


nice!(31)  コメント(16)  トラックバック(0) 

nice! 31

コメント 16

hanamura

鉄ニャン!今日も元気に行って来ます。
by hanamura (2017-03-21 06:36) 

FTドルフィン

いいなぁ〜・・・

by FTドルフィン (2017-03-21 06:43) 

Cedar

■hanamura様
ありがとうございます!
■FTドルフィン様
ありがとうございます~・・・

★モボ様
★あるまーき様
★あおたけ様
★鉄腕原子様
★viviane様m
★@ミック様
nice!ありがとうございます



by Cedar (2017-03-21 09:17) 

マサ

あきれ顔の鉄ニャンもかわゆす!!

PCCの揃い並び写真は
壮観ですね。
こうなったら、PCCの
NゲージとZゲージも
ゲットしましょう!
by マサ (2017-03-21 09:41) 

モハメイドペーパー

PCCが出た頃のアメリカの技術レベルは凄かったわけですね。それはさておき、単車ものだからといって集めすぎには注意しましょう。Oゲージの1両はHOゲージの8両分(の体積)ですから。
by モハメイドペーパー (2017-03-21 11:04) 

ワンモア

日本でNゲージが主流なのは、住宅事情とかなんでしょうか。
かくいう私も最小の144スケール派なのですが((;^ω^)
by ワンモア (2017-03-21 11:15) 

Cedar

■マサ様
PCCのNとZ~あればきっとゲットします!
親亀の背中にひ孫亀乗せて~♪って光景いいですね。
■モハメイドペーパー様
不幸な戦争が無ければ、PCCの技術も10年早く日本に伝わったと思います。それはさておき、アドヴァイス肝に銘じます~、並べてみてあまりの違いに唖然としました。
■ワンモア様
Nは爺にはもはや目が追いつきません~と言い訳しても同世代の方でNを楽しんでらっしゃる方も多いのですが((;^ω^)・・・


★myossy様
nice!ありがとうございます

by Cedar (2017-03-21 11:50) 

Cedar

★コミックン様
★nandenkanden様
★ゆきち様
nice!ありがとうございます
by Cedar (2017-03-21 15:41) 

viviane

ここのニャンコはホント可愛い~♪
昨日ニャンコに引っ掛かれ、一昨日犬に噛付かれました
生まれて初めての経験・・・動物に好かれるはずなのに・・・(;_;
作並温泉、仙山線でいらした事があるんですね
今はとっても鄙びてしまいました(;_;
by viviane (2017-03-21 18:33) 

ひでほ

カツミの電源がなつかしいです。小学生のとき買えなくて自作しました。既に秋葉デビューしていて、整流器はセレンでっせ。間に25Wくらいのレオスタットかませました。数年前、そいつどっかいっちゃったので製作しました。ACアダプターにVRとトランジスタ1石、そうそう、小学生のときサイリスタをはじめてつかいました。たしか2,3Aしか制御できないのにTO3型で当時ゲルマニウムTRが60円、スナップSWやランプソケットが80円時代に1000円くらいしました。
by ひでほ (2017-03-21 19:49) 

Chitetsu

コレクションのスケールがボーダレスで楽しそうですね。
同じのや似たのを違うスケールで並べて楽しむというのは、それぞれの性格の違いがはっきり出て良いもんですね。
by Chitetsu (2017-03-22 05:26) 

Cedar

■viviane様
作並温泉、昔はなんだか歓楽的雰囲気がありましたが、今は落ち着いてるんでしょう、団体旅行がないですからね。
■ひでほ様
アンプのプロらしいコメ、ありがとうございます。
後半のお話は全く理解できない電器オンチですみません。
■Chitetsu様
楽しいというか、アホらしいというか、同じ車種を意識して集めてる訳じゃないのですが・・・。

★はじドラ様
★ハマコウ様
★ぷっぷく様
★シュウチャン様
★やまびこ3様
★とーる様
★八犬伝様
★ねじまき鳥様
★フジトモ様
★schnitzer様
★nd502様
★AKI様
★banpeiyu様
nice!ありがとうございます

by Cedar (2017-03-22 10:19) 

ナツパパ

好みの一貫性を感じ、さすがと感嘆しました。
わたしも軽便鉄道が好きなのは中学生以来ずっとなんですが、
たまにトラムに浮気することもあったり。
先日発掘したなかにえっがーバーンの模型が20台以上あって、
ホウホクしています。
by ナツパパ (2017-03-22 11:18) 

Cedar

■ナツパパ様
ゲージが変わっても進歩が無いってか、好きな車両は変わらないのですね。(でもPCC大好きってわけじゃないのです)
SLの模型は今までに買ったのは16番(HO)の2台だけなのはやはり電車好きなんです。
by Cedar (2017-03-22 11:24) 

Cedar

★芝浦鉄親父様
★keizzo様
nice!ありがとうございます

by Cedar (2017-03-22 22:55) 

Cedar

★ネオ・アッキー様
nice!ありがとうございます
by Cedar (2017-03-23 15:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。