So-net無料ブログ作成
検索選択
海外電車汽車、今昔 ブログトップ

グレート・サードレールのDVD(インタアーバンは面白い・その15) [海外電車汽車、今昔]

先の日曜日のこと。アメリカ形鉄好きの集りがありまして~会場は飯田橋=JRの西口が移転してました。
どこまで変わる東京お電車風景~Cedarの好きなこの通路もいまや閉鎖でした。
DVD00.jpg(1)DVD03.jpg(2)
それはさておき、お仲間の一人がインタアーバンのDVDをこんなに貸してくださいました。

続きを読む


2001香港vs2015香港 [海外電車汽車、今昔]

妻との香港を挟んで、香港レポート5回目は久々の今昔写真です。なにしろ東京以上に変化が激しい街ですから・・・まずは前回にチラッと書いた、堅尼地城(ケネディタウン)の今昔を。今昔13.jpg(1)
場末ムードがいっぱいだったここも、MTRが延長され変化の真っ最中←ってのも前回書きましたね。

続きを読む


インタアーバンは面白い、番外=阿蘭陀青電車(その1) [海外電車汽車、今昔]

突然ですが割り勘のことをダッチアカウントって言いますね…。
21.JPG年始も増加傾向の『イエーイ!』もいつもダッチアカウント・・・その流れで今日はCedarオキニのオランダ電車(のDVD)です~
01.JPG(1)
~新年早々、なんと強引なイントロでしょうか!




続きを読む


しつこくWB&A!アメリカの西宮北口(インタアーバンは面白い、その10~終) [海外電車汽車、今昔]

『渋谷、死ねや!』駅ショックで一回お休みしたWB&Aの話、最終回です
駅13.JPG駅11.JPG
(1・2)Washington Baltimore & Annapolis電鉄に西宮北口がありました、
って、なんじゃそりゃ?

続きを読む


びわこ号オリジンが走るWB&A(インタアーバンは面白い、その10~続) [海外電車汽車、今昔]

我が国の電車史に残るユニークな連接車、京阪『びわこ号』・・連接27.JPG連接29.JPG
そのオリジンが走ったインタアーバン
Washington Baltimore & Annapolis電鉄のお話続けます。
今回はターミナル駅の様子をメインにお届けします。

続きを読む


びわこ号オリジンが走る(インタアーバンは面白い、その10) [海外電車汽車、今昔]

ひさびさにインタアーバンのお話~ちょいと癖あるデザインの連接車です連接06.JPG(1)
走っていたのはWashington Baltimore &  Annapolis Electric Railroad=その名通り首都ワシントンと歴史ある商業都市ボルティモア、そして軍港アナポリスの3都市を結ぶアメリカ東部きっての高速インタアーバンで、Cedarは昔から好きな電鉄でした。
そしてこの連接車、日本のある電車のモデルだったのでした。

 

続きを読む


GreatRaceのお話(インタアーバンは面白い・その4) [海外電車汽車、今昔]

またまた、インタアーバンについてのお話~なのに突然飛行機が?C&LE01R.jpg(1)さらによ~くよく見ると、なにやらワイヤーが写っています~ずいぶんな低空飛行のようです。

続きを読む


ポール大行進!(インタアーバンは面白い・その3) [海外電車汽車、今昔]

好評(?)インタアーバンシリーズ第3回は、日本&アメリカ電車のカルチャーギャップ(?)をお話しします。cnsm149R.jpg(1)            たとえば、この電車、どこにでもある単行のポールカー、と見えるのですが・・・

続きを読む


海行かば~(インタアーバンは面白い・その2) [海外電車汽車、今昔]

私の鉄趣味の中心であるインタアーバンの面白さを皆様にお知らせする(=ごり押しする?)このシリーズ(その2)はこの写真から~ramon-1R.jpg(1)

だたっ広い原野に線路が伸びてるだけじゃん!と見えますね。それにしては手前の線路が妙な具合ですけど~(知ってる人は黙っててね・・・)

続きを読む


なんじゃこりゃ~?(インタアーバンは面白い・その1) [海外電車汽車、今昔]

このブログでも、折に触れてお話ししてますが、私はアメリカのインタアーバン(都市間電車)に興味があり、資料や模型の収集もやっております。

~20世紀初頭から全米にあっという間に広まって、自動車の普及につれてバタバタと消えていったインタアーバン。その路線網は一時はニューヨークからシカゴまでインタアーバンだけで行ける、とまで言われていました。そんな中から、<これは皆さんにご紹介したい!>と思う車両や話題を、シリーズでお届けしたいと思っています。stark01R02.jpgその1回目はこれ~一見どこかの街角のドアのようにも見えるのですが・・?

続きを読む


海外電車汽車、今昔 ブログトップ