So-net無料ブログ作成

昭和44年5月10日<たまでん>廃止の日 [昔の今日のスナップ]

(1)玉電廃止05R.jpg 昭和44年、5月10日、<たまでん>の名で親しまれていた東急玉川線(渋谷⇔二子玉川)と砧線が廃止されました。いつもクルマで混雑する246号線上を走る大形2連や、丸っこい連接車の残像をこの目に焼き付けようと、鉄仲間たちと学校を早めに抜け出して渋谷へ・・・

(2~4=渋谷)通いなれた渋谷も今日でお別れ・・電車たちは一見いつものように、忙しく発着を繰り返していました。ズックかばんの中学生も、明日からは電車通学でなくなるのかな?玉電廃止03R.jpg玉電廃止01R.jpg玉電廃止02R.jpg 最後だからか、普段はラッシュにしか出動しない30形もフル活動

(5~7=上通)道玄坂上には上通という電停があったのですが、ここは交通渋滞の名所でした。渋谷三業通りの看板をすぎたあたりから、周囲のクルマやバスとの道行きが始まります。玉電廃止04R.jpgたまでん廃止01.jpg玉電廃止06R.jpg 廃止記念の飾り付けをした60形も、しばしストップ!

 


このあと場所は一気に桜新町に飛びます。大橋の車庫とか分岐点三軒茶屋とか、有名ポイントを素通りしてしまうのがズボラな我々らしいところ。(のちに皆様の発表されるあまたの名作傑作を、拝見すればいいや、と考えました・・・笑)

自動車に挟まれて気息奄々と走る246の路上よりも、昔の世田谷村の面影残る(~当時はホントにあちこち残っていました)新町~用賀~瀬田の旧道の風情が好きだったのもあります。

 

(8・9=桜新町)お名残乗車で超満員の108号玉電廃止10R.jpg玉電廃止11R.jpg

(10・11=桜新町~用賀玉電廃止08R.jpg

緑深い旧道風景。用賀へと坂を下っていく33号の後姿・・・。さすがに沿道には撮影する人の姿が多いですね。玉電廃止07R.jpg

 

(12=用賀玉電廃止09R.jpg 三軒茶屋から先の要衝だった用賀。引き込み線もあって、郊外電車の雰囲気いっぱいの用賀<駅>には別れを惜しむ人たちの群れ・・・この辺の人々の唯一の足だった電車が消えて、明日からはバス・・・・用賀生まれの家人に当時のことを聞くと、電車廃止の感慨、とかいうよりも「明日からはバスで通勤通学がすごく大変になる!」というのが地元の気分だったそうで・・・

(13=用賀玉電廃止12R.jpg

(14・15=用賀~瀬田たまでん最後の新車150と、早すぎた野心作200玉電廃止13R.jpgたまでん廃止02R.jpg  200形の独特な乗り心地とカーブでのゆれ方を記憶している世田谷人は結構多い・・・・電車とバスの博物館の保存車復活の夢は叶うのか?

(16=瀬田)たまでん廃止03R.jpg 製造年代を考えるとホントに先進的、今に通用するデザインだった200。或る鉄ガキは、初めてこの電車を見たときに<玉電>とは、この電車の愛称だと思ったそうな・・・。(それなら左の30は<角電>ですね)

※それは7歳の私でした。無知なガキがそう信じるほど玉のような丸さです。運転台横のオジサンの立ち位置で床の低さもよく分りますね。

 最後の区間、瀬田から二子玉川に下る光善寺坂脇の専用軌道のあたりも、撮影の人であふれていました。 

(17)玉電廃止16R.jpg 背後の二子玉川に高いビルは見えません。この頃あった建物は川沿いの富士観会館(9階)と玉川高島屋(6階)・・いちばん高いのは大井町線の高架だったかも?

 (18)玉電廃止15R.jpg物悲しい警笛とともに(実際は線路内のにわかカメラマンが危ないから・・)さようなら電車が渋谷に向かって走り去っていきました。

<たまでん>が消えて今日で42年目、廃止50周年の頃には、沿線はさらに変貌、ここに電車が走っていたことを知る人も、もっと少なくなっていくのでしょう・・・

諸行無常・・・<たまでん>が永遠に消えた日の情景でした。

 


nice!(18)  コメント(33)  トラックバック(0) 

nice! 18

コメント 33

katsu

玉電最後の日、旧道風情がいいですね。
沿線住民が写り込んで写真が活々しています。
桜新町や用賀の駅はこんな凄い人でしたか。
なんであの時 最後を撮りに行かなかったのか悔やまれます。
今の駅に降り立つと、あの時の世田谷風情は全て消えてしまったようです。
by katsu (2011-05-10 10:20) 

む〜さん

そうか!今日が玉電廃止の日だったんですね。42年か・・・・時の流れは早いなあ。この年の3月、オリンパスペンにカラーリバーサルを仕込んで、中里、桜新町、用賀、中耕地、砧本村と撮り歩きました。思い返せば、あのころは31歳。いまや73歳ですけれど、あの日のことは、部分的にですがはっきりと覚えています。家から近かった割には、撮影行は少なかったけれど・・・・・。
最終日には、やはり行きませんでした。感極まって・・・・なんて、あんまり他人様には見られたくないものですから。
一番好きだった、デハ30、そしてデハ80。色は濃い緑にクリーム色の、昭和29年ごろの色が好きでした。当時はカラーフィルムが買えず、デハ30の白黒プリントに、三菱鉛筆の何とか云う色鉛筆を水でぬらしながら、色をつけました。
by む〜さん (2011-05-10 14:26) 

manamana

一度だけ渋谷に行くのに、
世田谷線〜たま電経由で父親に連れられて行ったことがあったと思います。
小田急バスや東急バスが、今と同じ塗装ですね。
by manamana (2011-05-10 16:16) 

ニャンゲルハンス

早いもので、もうこの日ですか。

ちょっと前まで、渋谷東急百貨店東横店でやっていた「鉄道フェスティバル」では、2000形の模型が目を引きました。

廃止から42年も経ってしまってはいますが、世田谷線沿線に行くと、「玉電羊羹」とか、「玉電ドロップス」とか売っているところがあるようです。

沿線の風景も大きく変わってしまってます。ここ最近、再開発された二子玉川のショッピングセンターのことは、テレビでよく紹介されてますね。

世田谷線も変わってしまい、「玉電」を思い起こさせる
ものは、「電車とバスの博物館」に保存されている204くらいになってしまってますかね。
by ニャンゲルハンス (2011-05-10 16:29) 

hanamura

ハァハァ…今日は仕事も始まっていて、やや落ち着いています。
<玉電>ですよね!55年前の電車とは思えません!大好き!
あ・の・頃・の・21世紀…どこへ行ってしまったんだろう?(ってね)
工業デザインの趨勢…私はやっぱり流線型!(やっぱり興奮ぎみ)
すみません…他の方々のような落ち着いたコメントでなくて、すみません。
by hanamura (2011-05-10 19:29) 

maipenrai

いやぁ~凄いなぁ。
 砧線の田園風景は以前拝見させていただきましたが、桜新町や用賀のあたりの昭和の風情が素晴らしすぎます。ああ、これが「サザエさん」の原風景…なんて思ってしまいました。
by maipenrai (2011-05-10 19:53) 

きんぎょ/中澤

あー今日だったんですね・・・昭44というと、新人研修真っ只中でシゴかれていたかな?見に行ってないな・・・玉電はどの形式も好きですが、16番ではまだ80を1両組んだだけです。よろしかったらご笑覧を・・・http://www.mtrain.jp/mtrain_forum/p2/mes/c-board.cgi?cmd=one;no=365;id=27
用賀あたりのあの頃の風景のひとコマの線路も作ってみたいものです。
by きんぎょ/中澤 (2011-05-10 21:17) 

猫ムササビ

 cedar夫人の「明日からが大変…」は強烈な記憶です。軌道跡には新玉川線と首都高3号線の工事が同時に始まり、高架と地下鉄の文字通り上を下への大騒ぎです。唯一の交通機関となった路線バスは無ダイヤ状態。住んでいた桜新町から渋谷まで20〜30分の所要時間が帰宅時で120分はザラ。渋谷のバスターミナルは人で埋まり、東横・大井町ルートで等々力、あるいは小田急で豪徳寺から歩いたりもしたものです。今となってはあまり語られることのない沿線史かもしれません。ちなみに新玉川線から田園都市線に呼称が統一されましたが、二子玉川〜渋谷の沿線住民の中に「しんたま」の名前は脈々と生き続けています。
by 猫ムササビ (2011-05-10 22:13) 

cheese999

東横線も地下鉄化が進んでますね~。渋谷駅が地上にあったことなど、未来の人は覚えてないんでしょうね(^_0)
by cheese999 (2011-05-10 22:15) 

ばん

懐かしさに感激致しました。
by ばん (2011-05-10 22:19) 

U

タマデン。首都圏ローカルで育ち、東京のましてや山手線の西側なんぞ全く縁も無かったガキ※(私です)ですら名前を覚えていました(が、何の略だかわからなかった)。それと、前にも書きましたが、江ノ電に来てた車輌もあったので、今、この写真を見て、別な意味の懐かしさも覚えています。確か江ノ電でも最初はタマデン色で走っていたのではなかったか?
by U (2011-05-10 22:35) 

利きゅう

私は昭和53年生まれなので、たまでん時代は影も形もまだ存在していなかったのですが、たまでんと言うと200が・・・世田谷線というと80や150が思い浮かびます。
車両のスタイルではサヨナラ電車にもなった60が一番まとまっていたのではないかなと個人的には思っています。(実車には乗れませんでしたが)

204を幼稚園・小学生の頃、まだ高津にあった電車とバスの博物館に行って実物を見た時は「新幹線よりもまん丸だ!!」と子供心に強烈な印象でした。
by 利きゅう (2011-05-10 23:45) 

のり

お別れ電車は本当に寂しいですね。こういう下町の雰囲気を存分に秘めた鉄道ならなおさらのことです。南海平野線を想い出してしまいました。
by のり (2011-05-10 23:57) 

Junior

 
お久です。
そうか、玉電には低床車は200形しかなかったんだ!
中学の修学旅行、夕方の玉川通りで我々の乗ったバスとこの丸っこい電車とがすれ違いましたよ。
玉電の思い出って、それだけだなぁ。30年程前に世田谷線には乗ったことがあるけど。

しかし、30形って凄く田舎臭いデザインですねぇ。(ファンの方、ごめんなさい)
 
by Junior (2011-05-11 00:31) 

Cedar

■Katsu様
玉電の旧道風景は東京の中でも出色でした。街道筋の面影いっぱいのわらぶき屋根やケヤキの大木、軌道が偏っていたのもローカル気分満点でした。桜新町に鉄仲間の家があってそこを拠点にあちこち歩いたものです。
■む~さん様
最後の日はそれなりの人手でしたが。今のような馬鹿馬鹿しい事件(事故)も起こらず、消えて行ったようです。
色鉛筆でモノクロに人着!そのプリントを発表していただきたいものです。
■manamana様
バスの色って長く変わらないですね、小田急・東急・西武・京成、みんな昭和のままです。
■ニャンゲルハンス様
玉電・王電・そして都電・・・親しみのこもった呼び名でいいですねえ。沿線風景は変わってもこの名前は残るのかも?
■hanamura様
玉電200のカタチはほんとに絵本の未来~ってデザインです。
古いものとモダニズムの同居が当時の玉電の魅力でした。
■maipenrai様
サザエさんの町には5年前まで住んでおりました。三河屋さんもあったし、漫画に出てくる魚屋さんのオヤジさんそっくりな魚屋さんも、ホントにありました。
■ きんぎょ/中澤様
いつもながらすばらしい模型ですね。中央扉のステップのガチャガチャという音まで聞こえてくるようです
■猫ムササビ様
確かに廃止後の246は酷かった!バンコクか台北か、という状態が社会問題化しなかったのが不思議です。世田谷区民はおとなしいのか、それとも東急の政治力で封じ込めたか?足立区あたりだったら(失礼!)バスの焼き討ち事件が発生したかも?
■cheese999様
東急はよくも悪くも変わり続けていますね。ターミナル駅がみんな地下の中間駅になっちゃう私鉄は珍しいです。
■ばん様
ご訪問&コメントありがとうございます。
■U様
別送画送ありがとうございました。今宮の坂に保存されているのと同じ仲間ですね
■利きゅう様
玉電の車両はデザインに一貫性が乏しい=バラエティ豊か、でした。
代表は80という人が多いですが60形はまとまったカタチで、いい電車でした。
204の復活を夢見てる私です。
■のり様
玉電の沿線は今でこそお洒落だとか言われてますが、当時はこんな田舎でした。南海平野線は今の世田谷線に似ていると思いました。
■Junior様
田舎だった世田谷ですから電車も田舎くさかったんですよ(笑)。私が桜新町に引越した時は周囲に畑がいっぱいあったし、下水道も未整備だったんですから。
by Cedar (2011-05-11 01:18) 

Cedar

★boomie様
★J-power様
★nd502様
★schnitzesr様
nice!ありがとうございます
by Cedar (2011-05-11 01:20) 

京葉帝都

緑が多い当時の風景を見ると沿線は住宅地として優れた環境だったかと想像しています。アップダウンが多かったのですね。線路が端に寄ったところは岐阜市内線の郊外路線もそうだったのか、と思い起こしました。それにしても丸ッこい200形はインパクトがあります。屋根の垢抜けた通風装置は阪急の1010系以降がこのような形をしていました。
by 京葉帝都 (2011-05-11 03:05) 

Soda

昨日熊本より帰京、5月10日が玉電の廃止日だったとは知りませんでした。大昔、東京の夜空にまだ天の川が見えていた頃、当時の我が家のイベントと言えば家族で渋谷の東横デパート(現東急デパート)で買い物をし、デパートの屋上で遊び、そのあと大食堂で食事をして玉電で帰るというのがパターンでした。自宅が赤堤なので下車駅は玉電山下か松原、二子玉川行きのサボが白地であったのに対して下高井戸行きは赤でした。いつだったかどうしてもトイレに行きたくなり、渋谷のごついダブルクロスに向ってオシッコをした思い出があります。幼稚園時代のことですから大目にみてやって下さい。三茶から専用軌道に入ると途端に窓の外は真っ暗、子供心にも寂しさがこみ上げてきたものです。渋谷~二子玉川、砧線はなくなりましたが世田谷線はまだまだ健在。先日とある番組で、世田谷に棲むタヌキが世田谷線の犬走りを利用していると言っていました。犬走りならぬタヌキ走りですな。てなところで今回は一応鉄道ネタ?でした。
by Soda (2011-05-11 15:55) 

Cedar

■京葉帝都様
玉電は確かにアップダウンが多かったです。道玄坂で上り、大坂を下り、三宿=三茶は上り、中里で下りと上り、桜新町=用賀=二子と下っていきました。ケヤキの大木があちこち残っていた頃は住宅地というよりは都市近郊農村風景でしたね。
そんな風景と200形は不思議な取り合わせでした
■Soda様
この撮影のときに貴兄もいませんでしたか?桜新町から二子まで線路沿いに歩いて撮影したら、同行したK君(土曜日に会う予定の彼ですよ)が疲れたと愚痴りまくり、桜新町のY君(土曜日に会う予定の彼、その2)の家に転がり込んだのでした。
タヌキ走りの話ですが、私も若林の犬走りでタヌキを見たことがありますよ。
見間違いかと思いましたがやはりありゃタヌ公だったか・・
by Cedar (2011-05-11 19:18) 

Cedar

★UZ様
nice!ありがとうございます
by Cedar (2011-05-11 19:19) 

line

写真を見せていただき何となく玉電渋谷駅を思い出しました。まだ小学校低学年でしたから、親に連れられて乗ったのを覚えてる程度ですが。
進行方向、左側に銀座線の折り返し線が見えたので、いつも眺めてたのを思い出します。
玉電廃止後は、東急バス大井町行専用の通行路に変身したと思いました。
by line (2011-05-11 19:52) 

Soda

そう、私もいましたねぇ。ただ途中で休憩したことは覚えていません。桜新町の線路が北側へ寄った辺りとか、用賀駅の佇まいはいいロケーションでした。小学生の頃その桜新町の線路をチャリンコで斜め横断しようとして、車輪を線路の溝に取られ転倒し怪我をしたことがあります。玉電にまつわる思い出は付き合いが長かったこともありいろいろなことが思い出されます。
by Soda (2011-05-11 21:35) 

undo

あっしは新玉川線が開業したのちに生まれましたが、旧玉電渋谷駅がバス発着所になっていてターンテーブルでくるっとまわっていたのだけ覚えてます。(オヤジにはここが玉電の駅だったと言われてもはじめはピンときませんでした)
あれもマークシティの建設でなくなっちゃいましたが・・・・。

by undo (2011-05-11 23:32) 

Cedar

■line様
渋谷は盛り場&ターミナルなので子供の頃に両親と行かれた記憶を持つ方は多いですね。かくいう私もそうで、城北地区のガキが渋谷に行くのはかなりの遠出でしたね。銀座線が高架になるところと、井の頭線のトンネル、そして玉電の始発ホーム。東京の盛り場の中でいちばん電車の見所が多いのが渋谷でした。
■Soda様
あの時は二子まで行った後Y邸に行ったんではなかったカナ?
皆さんが疲れたと言いながら喫煙タイムになると、灰皿が用意されるという進歩的なご家庭でしたね(笑)。
いまや旧沿線に長く住んでますが、面影は加速度的に消えていますね。
■undo様
渋谷の変貌はすごいですね。来年東横線が地下にもぐると、東急百貨店のビルそのものも建て替られる気配です。玉電の面影なんて跡形も無く消え去ってしまいますね。
by Cedar (2011-05-12 00:34) 

Cedar

★FTドルフィン様
nice!ありがとうございます。
by Cedar (2011-05-12 00:35) 

Tosi

私は玉電末期にぎりぎりで間に合ったはずなのにその記憶は殆ど残っていないという世代に属するのですが、これらのお写真のなかに切り取られた光景にはある種の懐かしさを覚えます。首都高速三号渋谷線によって空が塞がれることになった区間以外では、専用軌道部分も含めて、行きかう電車、線路、架線、電停(と駅の厳密な定義上の区別はよくわかりませんが)等が玉電廃止後に消えた後も背景の市街そのものは1970年代でも大きくは変わらなかったように思えます。それにしても、1970年代はもちろん1980年代に入ってもなお、用賀、三軒茶屋さらに二子玉川で超高層ビルを中心とする再開発が推進されることになろうとは想像することさえできませんでした。
by Tosi (2011-05-12 20:09) 

Cedar

■Tosi様
再開発=高層ビルって言う発想から抜け出ない日本・・・ついこの間までオール電化がいちばんと言い続けていた某電力会社と、ゼネコンのせいですね。
二子玉川の遊園地の跡に川沿いの広い空を生かした低層の高級マンションとか、公園をコアにした街作りとか考えないのが発想貧困です。
by Cedar (2011-05-12 21:16) 

Cedar

★gorosan5670
nice!ありがとうございます

by Cedar (2011-05-12 21:32) 

ひでほ

小学生の3年まで玉電沿線に住んでいたので、懐かしく拝見しました。
by ひでほ (2011-05-15 13:40) 

gop

今日は親類の法事で久々に世田谷線に乗りました(下高井戸〜世田谷)
世田谷通り沿いのお店で会食したのですが、玉電の話題も出たり。
世田谷もあの頃とは随分変わりましたねぇ。


by gop (2011-05-15 17:05) 

Cedar

■ひでほ様
お久しぶりです。玉電沿線も今は変わりましたね。田園都市線が世田谷線になってからもう、随分たちます。
■gop様
世田谷線に乗られたのですか。
頻発運転は便利なのですが、あののろさは何とかならないものかと、乗るたびに思います。車両性能上はもっと早く走れるはずです。
by Cedar (2011-05-15 18:19) 

Cedar

★gardenwalker様
★あおたけ様
nice!ありがとうございます


by Cedar (2011-05-15 18:22) 

鹿ヶ谷

玉電が無くなってから42年ですか。
私もじじいになるわけだ。
玉電の写真を上のリンクにアップしてあります。よろしければご笑覧ください。
弟が沿線に住んでいるので日本に行ったときはたまに世田谷線には乗ります。
by 鹿ヶ谷 (2011-05-23 11:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0