So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

しつこくWB&A!アメリカの西宮北口(インタアーバンは面白い、その10~終) [海外電車汽車、今昔]

『渋谷、死ねや!』駅ショックで一回お休みしたWB&Aの話、最終回です
駅13.JPG駅11.JPG
(1・2)Washington Baltimore & Annapolis電鉄に西宮北口がありました、
って、なんじゃそりゃ?

ワシントン~ボルティモア間の本線と、軍港アナポリスから来る支線がNaval Academy Junctionで平面交差していました。びわこ号オリジンの連接車がクロスを鳴らして行き交います。

連接18.JPG(3)
路線図(↓)のように、ワシントン・ボルティモアの中間にあるのも西宮北口に似ていますね。
3つの線が並走してるのも阪神間に似ています。
300px-WBA_rail_map.jpg(4)
ワシントン・ボルティモア本線が神戸線、アナポリス行き支線が今津線~
てことはボルティモアが大阪、ワシントンが神戸、アナポリスが宝塚にあたりますかね?dennsha01.JPG(5)
ボルティモア~アナポリス間が宝塚線って感じです〜些か強引ですが…

 
で、メリケン西宮北口Naval Academy Jct.の線路配置はこんなです。右がボルティモア、下がアナポリスになります。
駅07.JPG(6)
連接17.JPG(7)
実際の様子はこんな感じです、だたっ広くガランとした構内ですね。奥がワシントン方向です。

せっかくですから日米クロス対決(?)初めて行った昭和42年西宮北口
宝塚電車西宮北口500、09.jpg
宝塚電車西宮北口300、08.jpg
(8・9
今津線の500+300+500がまだ頑張っていました。ブリル台車を連ねてクロスを渡る姿に、『おお!インタアーバンだぁ!』と興奮していました。


連接25.JPG(10)
阪急ではクロスは8個。対してメリケン西宮北口のクロスは2個、ちょっとしょぼいですね。
その代わり4方向すべてに渡り線がありました、立体交差ではこうは行きません…。
連接26.JPG(11)
西宮北口も、大阪・神戸両方から宝塚への直通できるよう渡り線を造るために平面交差にした、という説もあるので、インタアーバン好き?な関西の電鉄らしくこんなの(※)も合わせて参考にしちゃったのかも?おかげで後で苦労しましたがぁ~。
路線.JPG
(※12=ご存知シカゴの有名スポット)

路面電車では複線交差+4方向の複線渡り線があるのをGrand Unionといいますが、こちらは複線と単線の交差で、渡り線も単線~こんな場合の呼び名はあるのでしょうか?駅12.JPG(13)
アメリカでは平面交差は日本よりずっと多く、アムトラックや貨物列車が直角交差を走り抜けるシーンはよく見られます。メリケン西宮北口の渡り線も、電車よりもBox Motorが牽く貨物列車(トロリーフレイト)が常連だったようですね。駅06.JPG(14)



アナポリス支線(正式にはSouth Shore Division)をちょっぴり西に行ったOdentonには、更にユニークな平面クロスがありました。かたやPRR(ペンシィ)=交流15000v、こなたWB&A=直流1200v。
架線高さも違うクロスは電車の架線が90度回転という驚きの仕掛け!路線03JPG.JPG(15)路線04PG.JPG(16)
 こうなってる時ペンシィの電機が突っ込んだら大変ですから、信号所は立派なモノです。
PRRとWB&Aの連絡線が後ろに見えています。架線はどうなってたんですかね?

(17)たしかにこのパンタ高さは半端無いですね~駅15.JPG
いくらポールでもこれは届かない?
 

一方本線のボルティモア寄りには
検車区もあって
、この辺りも阪急西宮車庫と好一対です。連接19.JPG(18)駅14.JPG(19)
そこには、こんな痺れる電車たちが屯していました・・・(20~22)
電車01.JPG電車02.JPG電車03.JPG
う~ん、これぞインタアーバンです!


とかとか、こんなに素敵で面白いWB&A、あんまり人気がないのは何故なんでしょうかね?
Chitetsuさん記事からスピンオフで、長々ありがとうございました。

※この記事の画像(CERA B-130『Every Hour On The Hourよりのもの)転載はご遠慮下さい。




nice!(15)  コメント(32)  トラックバック(0) 

nice! 15

コメント 32

Cedar

★denta60様
nice!ありがとうございます
by Cedar (2014-04-27 06:55) 

西犬北吠

Cedarさん、おはようございます。
なんじゃこりゃー
まるっきり西宮北口やんけー!
特に(10)、貫通扉に920とか書いたら西宮に見えますがな~!
構内もがらーんとしてますが周辺もがらーんと見えますね。
西宮北口なら野球場があって市場があって・・・
いまもそれなりですがダイヤモンドクロスのあった時代はもっともっと賑やかだったような気がします。
ステキな写真を拝見しました!
by 西犬北吠 (2014-04-27 07:54) 

のり

なかなかすごいものを見せていただきました。
まさに、昔の西宮北口ですね。
渡りの数が少ないので、あまり比較にはなりませんが、かつての阿倍野交叉点や徹明町交叉点を思い出しますね。平野線の連結運転は、天王寺駅前には行かなかったようですので、もし行っていればこんな感じになったのでしょう。
by のり (2014-04-27 08:31) 

Cedar

■西犬北吠様
~毎度新規ネームお疲れです(笑)
西宮北口はシカゴにもNYに行って見たことなかったインタアーバン好き鉄ガキの妄想を大いに掻き立ててくれました。
ポール時代の能勢電→西宮北口→山陽兵庫の路面区間を一日で回った時はインタアーバン気分最高でしたね。
■のり様
万博の頃までの関西私鉄はアメリカンなムードがありました。
インタアーバンの写真集のシーンにイメージが重なる光景もいまや懐かしいです。

★モボ様
nice!ありがとうございます





by Cedar (2014-04-27 09:37) 

hanamura

西宮北口!! (リアルには知らない私ですがぁ・・・感激!)
♪ ワンダバダバ!ワンダバダバ!ワンダバダバ!ワン!
♪ サンダーぁぁぁバードーぉぉぉ!この世の幸せ~ぇっの!
(方向性が違ったらスミマセン!・・・自分こういう世代です。)
by hanamura (2014-04-27 10:49) 

Cedar

■hanamura様
よく分かりませんがぁ(笑)、そんな感じで感激していただき、ありがとうございます!

★あるまーき様
nice!ありがとうございます
by Cedar (2014-04-27 12:45) 

Tad

(20~22)の電車,好みで云えば20がベストですね。木造車好きだから当たり前のチョイスですけど,アーチ窓や楕円窓使いのデザインはインタアーバンの最も華やかな時代の香りがたっぷりで,この模型があったら欲しくなります。
21は鋼製車体と木造台枠の組み合わせがちょっと物足りない。パシフィック・エレクトリックの1100sや1200sみたいなオール・スティールだったら(トラスロッドなしだったら)もっと格好よく見えるのに…って気がします。
22はアーチ窓をふさいで前面窓を四角にした21の改造後なんでしょうね。ふさいだ分,窓の上が重くなって息苦しく鈍重に見えるのがどうも…ですね。ここが普通に2段窓だったら(木製台枠が玉に瑕なのは置いとくとして)明快なスタイルで高速インタアーバンらしさ横溢なんですけど。

しかしこの3枚の写真,いずれもLetterboard(幕板)に社名のレターがないんですね。20・21はヘラルドが入ってますが22のナンバー以外何もないってのは,ホンモノがどうこうとは関係なくモデラーとしては寂しいナ。日本の電車見慣れた方には不思議じゃないでしょうが,やっぱり派手目(と云うか意匠を凝らしてある)のが好ましいです,インタアーバンカーは。

またまたジジイの繰言でした。

ところで3枚ともコンボなのは,Cedarさんに何かの意図があってのことと邪推してますが?……
by Tad (2014-04-27 14:06) 

hideta-o

cedarさま
おっしゃるとおり、大阪は万博で変わってしまいましたね。東京がオリンピックで変わってしまったみたいに…。
by hideta-o (2014-04-27 14:41) 

Cedar

■Tad様
さすがにスルドイコメ!ありがとうございます。
これぞインタアーバン=単行でも絵になるコンボ、ですから…。
でもこの3輌の中では93が好きでして…
鋼製なのにトラスロッド、アーチ窓とシングルルーフ、換装でしょうが大袈裟な電連付きカプラーなど、京急51や大鉄100なんかと同じヌエ的魅力が天邪鬼好みであります。
■hideta-o様
万博は関西(街も電車も)の近代化=画一化を一気に進めましたね。
東京でも街壊しは震災や戦災ではなく、オリンピックとバブル期の再開発の時になされたというのは定説です。



by Cedar (2014-04-27 15:47) 

Cedar

★ひでほ様
nice!ありがとうございます
by Cedar (2014-04-27 17:05) 

なにわ

え、これ木製台枠なんですか?向こうのものはドアが車端にあるのがこっちとの大きな差異でしょうか。
これで3ドアなら琴電に行く前の大阪鉄道の車みたいですから。

ところでどうしてこの電鉄会社に人気がないかって?
そりゃあ、東海岸の鉄道が基本的に嫌い(というよりもPRRが嫌い)な和服関係の松◯◯一社長の影響でしょう。


by なにわ (2014-04-27 18:35) 

Cedar

■なにわ様
>3ドアなら琴電に行く前の~
そうです、あれのイメージです、Cedarはあれが大好きでした!

東海岸の鉄道が日本で不人気な理由がエ●●イのせいなんだとは…
なるほどね~。
by Cedar (2014-04-27 19:10) 

Cedar

★FTドルフィン様
★nd502様
nice!ありがとうございます

by Cedar (2014-04-27 23:08) 

なにわ

松謙さんはリオ・グランデ好き(レイアウトもグリーンリバーですから)で、
山崎喜陽さんはイギリスのLMSR好きと好みが出ます。だから略してTMSって雑誌にしたんでしょうから。
by なにわ (2014-04-27 23:32) 

Cedar

★UZ様
nice!ありがとうございます
by Cedar (2014-04-28 06:09) 

MOTO

東海岸の電車と云うと、先ずHeavy electric、ペンジーのEP54に代表されるような電車になってしまうのでしょう。Interurbanとされる路線も東部には沢山ありました。しかし中西部の路線と異なるのは、専用軌道の比率が低く、車両も路面電車スタイルのものが多かったので、人気がないんだと云うことのようです。ミドルトンさんの本にも、そんなくだりがあったと記憶します。そんな中では、このW.B.&A.は、出色の路線だった訳ですが、運行していた時代が、古いので忘却の彼方になってるんですかね。
エリアも、W.とB.は、見当が付くものの、Anapolisは海軍基地として有名だが、場所は?と問われると、はてな?と云う人が多いんじゃないでしょうか。20年位前、初めて行ってみましたが、落ち着いた良い街でした。いっとき、米国の首都だったこともあったそうです。W.B.&A.の電車に乗って行ってみたかったですね!
by MOTO (2014-04-28 08:19) 

Cedar

■MOTO様
解説ありがとうございます。東部には他にもNY州の北部にも面白そうな電車がありましたが、あまり紹介されていませんね。
ROCHESTERの運河跡に走った電車なんか、いつか紹介したいと思っていますが・・・

WB&A~初期の交流電化のElectric Pullmanや、連接車など、優れた車両を擁しながら早くにB&Aになって挙句に廃止されたので、知名度も低いのですかね。

★suzuran6様
nice!ありがとうございます
by Cedar (2014-04-28 11:56) 

Chitetsu

平面交差のジャンクションはやはり萌えますね〜。
やはりアメリカのジャンクションは大掛かりなものが多くありますね。
それにしても架線電圧も高さも違う線路同士を良く交差させたものですね!
by Chitetsu (2014-04-28 13:02) 

Cedar

■Chitetsu様
Odenton異電圧、異架線高のクロスはアメリカでも珍しいものだと思います。
路面電車とサードレール地下鉄、2フィートナローと標軌の交差など、アメリカには無いものは無い、って感じです。

3本の本線鉄道複線が三つ巴に交差してるのも写真みたことがあります。
by Cedar (2014-04-28 13:37) 

京葉帝都

今回も新鮮な記録写真で驚きの連続でした。海外物は大好きです。
(20)の車両は美しく凝った意匠で京阪の貴賓車(16号2代目)にも影響を与えたことでしょう。どこかでレプリカでも現れてほしいところ。
一連の車両のヘッドライトはどうなっていたのでしょうか。頭上にある小さなモノなのか、先頭になった時に貫通扉の腰部分にライトのユニットを取り付けていたのかどうか。気になっていました。
架線が直交する部分は機械式の操作方法やどんな接点だったのかと想像してみるのも楽しいです。現在の可動橋の架線の部分も同様です。
ビデオで観たのですが現在のアメリカでは貨物列車は平面クロスでもスピードを落とさないで通り抜けていました。
by 京葉帝都 (2014-04-28 14:14) 

Cedar

■京葉帝都様
WB&Aでも、ヘッドライトは可搬式オヘソライトだったようです。
アメリカの鉄道は、平面クロスと可動橋が幹線にも普通にあるのが日本とは大違いです。フィラデルフィアで路面電車と一般鉄道のクロスをよく見たら、交差は電車が乗越しフログでした。

by Cedar (2014-04-28 15:00) 

京葉帝都

ご教示ありがとうございます。
貫通扉の横に可搬式のライトの電源用のコンセントがあったりして。
「乗越しフログ」とはどのような状態なのでしょうか。一般鉄道は非電化?
知識が乏しくて申し訳ありません。


by 京葉帝都 (2014-04-28 15:31) 

Cedar

■京葉帝都様
乗越しフログは、一般鉄道側のレールにはフランジが通る溝がなく、路面電車は一般鉄道のレールの上をフランジで走るようになってました。これによって貨物列車の速度制限無しでした。
乗越し式のクロスは北海道の簡易軌道と国鉄引込み線にもあったようです。
クロスが70°くらいで、こういう処理でも安全は問題無いのでしょう。一般鉄道は非電化の貨物線でした。
by Cedar (2014-04-28 17:32) 

KEY坊

こんばんは。
たしかに、93はブリル台車を履いて優雅で魅力的ですね。
(色は何色だったんでしょう ...)
何も京成と限らずですが、千葉線開業に合わせて登場したモハ20形
にも通じてる気がしました。
不勉強ですが、この時代の製造元の雨宮製作所もデザイン等影響は
さぞ大きかったことでしょう。

by KEY坊 (2014-04-28 19:27) 

なにわ

KATOのユニトラックにも、90度平面交差のレールがありますが、路面電車用ではなく、本線同士の交差に用いるものであります。
あの国は異なる企業同士が勝手に線路をひいて交差してたわけですから。日本は踏切対策でやたら高架にしますけれど

さて、三原橋のカレー屋には行かれてたのでしょうか?近日公開のネタだったんでしょうか?

by なにわ (2014-04-28 21:51) 

Cedar

■KEY坊様
この時代のアメリカ電車は、日本の私鉄電車にいろんな影響を与えています。京成はブリル台車や電機品をアメリカから多く買ってますね。宗吾車庫にブリル台車が保存されてましたっけ。
by Cedar (2014-04-28 22:39) 

Cedar

■なにわ様
元々アメリカ向けだった篠原のフレキにも、大昔から90°クロスがありました~それだけプロトタイプが豊富だったんでしょう。
最後のお話は理解不能です。


by Cedar (2014-04-28 22:58) 

京葉帝都

Cedar様、平面交差の乗越しフログでは下になるレールには溝が無かったのですね。上になるレールの路面電車は下のレールの頭とフランジの幅の部分で外れないように相当徐行して慎重に通ったのでしょう。
by 京葉帝都 (2014-04-29 00:26) 

Cedar

■京葉帝都様
下のレールに溝が無いので、速度制限がありません。
路面電車の速度は20kmくらいだったと思います。
by Cedar (2014-04-29 05:34) 

Cedar

★くらいふ様
nice!ありがとうございます
by Cedar (2014-04-29 11:59) 

Cedar

★あおたけ様
nice!ありがとうございます。
by Cedar (2014-04-29 15:51) 

Cedar

★yogawa隼様
nice!ありがとうございます
by Cedar (2014-04-29 22:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0