So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

インタアーバンは面白い、番外=阿蘭陀青電車(その1) [海外電車汽車、今昔]

突然ですが割り勘のことをダッチアカウントって言いますね…。
21.JPG年始も増加傾向の『イエーイ!』もいつもダッチアカウント・・・その流れで今日はCedarオキニのオランダ電車(のDVD)です~
01.JPG(1)
~新年早々、なんと強引なイントロでしょうか!




でもカッコいいでしょ?京阪や阪神の玉子形スティールカーみたいです。 海外鉄好きのお仲間の集まりでこのDVDを見て、いっぺんで気に入りました。(Mm様、長いこと借りっぱなしですみませんでした!昨年の記事で紹介しようと思いましたが、年越しましたあ~)
72.JPG(2)
~せっせとキャプチャしましたが、私のやり方が悪いせいか、ボケた画像ですみません。

 

64.JPG

アムステルダム〜ハールレム(ハーレム)間、約20Kmを結ぶインタアーバンライン

(3〜5)
34.JPG71.JPG05.JPG

ゲージ1000mm、架線電圧600Vでした、廃止は1957年。


オランダきっての大都会と古都を結ぶインタアーバン~地図でもわかるように、実際はハールレム市内を通り抜け、北海に面した町、ザンドヴォールトまで延びてました。

79.JPG(6)

運営はオランダ各地の電車を管理していたNZHという事業体(通称ブルートラム)のようです。
69.JPG(7)


DVDの中には幾つかの路線が収録されてますが、ここがいちばん興味深い路線でした。


この線には様々な車両がありますが、Cedarが気に入ったのが右端のタイプ
67.JPG03.JPG
(8・9)トムリンソン密連や丸いアンチクライマーなど、アメリカンな匂いと、ドデカイ2丁パンタのヨーロピアンな匂いが上手くブレンドされてますね。15.JPG(10)
ドア横の楕円窓と前面スタイルは名鉄モ510の雰囲気もあります。


62.JPG
(11・12)ぼけてない姿はこんなです。この2画像はDVDキャプチャでなくWIKIから~
NZH-Tram A404 ("Boedapester"; built by Ganz, Budapest, Hungary in 1924) とのキャプションがあるので、ハンガリーの車両メーカー・ガンツ社製なんですね!63.JPG
でもこれは別の線?って思ったんですが、Mmさん、間違いですか?  
 
うーん!やっぱり良い!今のところは『インタアーバン番外ベストワン!』ですね。12.JPG(13)

Mmさん所有の写真集から、図面のコピーもさせていただいたのですが〜飲み会の後コンビニだったせいか見当たらないなぁ(汗)。

55.JPG(14)
これで台車がイコライザ式だと好み全開!なんですがヨーロッパ式の台車のようです、まあ、いいんですが。

このタイプの多くは2丁パンタのM車の両端に同系のTcを繋いだ3連ですが、
トレーラーを牽引したり、cM+Tcでも使われたようです。17.JPG(15)

では、DVDのシーンから印象的なところを拾ってみます。02.JPG(16)
ハールレム市内のカーバーン(オランダ語は?)での、うねうねとポイント通過しての出庫シーン。
連結車が急カーブをいとも簡単にクリアしてきます。
04.JPG(17)

ハールレム市内の路線図(↓)によれば、メーターゲージとスタンダードゲージが入り乱れていたのですね。
73.JPG
インタアーバン(AZで表示)は国鉄駅前は通らないルートで市内を抜けていたようです。


(18・19)ハールレムのターミナル風景、ワンブロックを使ってなかなか大規模です。
60.JPG61.JPG
そしてこのDVDの見所はこれ!
ターミナルの前後で古い建物と狭い道を縫って、街角のクランクカーブや短い単線で路面区間を行くシーンは涙&涎無くては見られません〜
(20~23)
07.JPG09.JPG
このカーブすげ〜!ここを3連で曲がるのもすげ〜!58.JPG56.JPG
電車の顔つきから徹明町のイメージが…。59.JPG(24)
ズルズル(ヨダレの音です・・)。


(25)自転車とともに運河を渡るシーンも、いかにもオランダです。10.JPG



13.JPG
(26・27)ハールレムの町外れでラッシュ時の区間列車が折り返す、渡り線のポイント扱いシーンも楽しいです。
14.JPG
メーターゲージの華奢なポイントが泣けます


アムステルダムとの中間は専用軌道、運河をはさんで国鉄と競争〜
そして両都市内は路面軌道で都心直結、という典型的インタアーバンなんですね。16.JPG(28)

(29)立派な架線柱といい、一直線に延びた複線といい、インタアーバン風味100%
18.JPG
こういうシーンに電車やCedar、痺れます!

国鉄にスピードでは勝てないけど、都心直結とフリークエンシーで対抗してたんでしょうね。
今でもこの区間、オランダ国鉄は10〜15分ヘッドですから…。
52.JPG53.JPG
(30・31)
(下の画像はYou Tubeから)YT06.JPG

アメリカンインタアーバンとはひと味違う魅力
そしてなによりこの電車!
08.JPG(32)
オランダ版モ510~かっこいいです!23.JPG(33)


とかとか、オランダインタアーバンDVDキャプチャから、ひとまずこれで。
画像がわやわやでどうもすみません。
新年早々に不人気な海外ネタでした、次回はアムステルダム市内の様子をご覧ください。

ではまた。





nice!(14)  コメント(15)  トラックバック(0) 

nice! 14

コメント 15

hanamura

いやぁ~兄貴ぃ・・・最近ハードルが高いッス!
でも、ステキ☆です!こでらんねぇなぁ~。
(広電宮島線が世界一だぁ!)
by hanamura (2015-01-24 19:58) 

Cedar

◼︎hanamura様
ハードルが高いってか?まじ、ネタ切れです。
最近プライベートがバタバタで線路脇もやもやの時間が取れないし…

★suzuran6様
★AKI様
nice!ありがとうございます
by Cedar (2015-01-24 20:28) 

Cedar

★あるまーき様
★hideta-o様
nice!ありがとうございます
by Cedar (2015-01-25 00:52) 

なにわ

正面の窓の数が偶数だったら、運転台は中央でなく端に寄っているとのことです(©吉川文夫氏)。窓の数は違いますが阪神601や801の雰囲気がいたします。
ハーレム市内には別の標準軌間のトラムがあったようで、そちらも興味深そうです。
まるで国鉄と京阪、国鉄と京急のようですが、今残ってれば、標準軌になってアムステルフェーンへ行く電車みたいになってるんでしょう。
角は曲がらずとも15m4両編成の電車が大津市内をウネウネ走っておるわけですが。

by なにわ (2015-01-25 11:21) 

Cedar

◼︎なにわ様
この電車の運転台はちょっとだけ右側に寄ってます、中央2枚の左側は開き扉で、車掌が走行中渡るシーンがあります。
by Cedar (2015-01-25 17:04) 

なにわ

やはり貫通路でしたか、ならばなおさら阪神の旧型車ぽいですね。

追記、前回の横井軍平氏(1941~1997)ですが、ググればいくらでも経歴が出てくるのですが、鉄道模型の世界では、50年代に発表され、特集シリーズに収録されたSPラインの作者です。
同志社大卒業後、任天堂に入社して、ゲームウォッチやファミリーコンピューターやゲームボーイなどを開発され、90年代後半、独立された直後に交通事故でお亡くなりになられた方です。
何故かネット上では、高校時代までのことは知られてないのです。

by なにわ (2015-01-25 18:05) 

Cedar

◼︎なにわ様
おー、SPライン!正方形の4分割レイアウトでしたね!
憶えてます。京都の高校生で『レイアウ都』と呼ばれる京都にまたレイアウトがらひとつ増えた。というキャプションも憶えてます。
by Cedar (2015-01-25 23:20) 

Cedar

★とーる様
★あおたけ様
★やまびこ3様
nice!ありがとうございます

by Cedar (2015-01-25 23:23) 

Tad

SPラインの横井さんと高校の同級生だった遠藤宏一さんが作ったレイアウト,名奈信野言辺江鉄道の記事(1958/6=120号)に,自分のレイアウトに作ったO K Corralの名前をSPラインに使われてしまい,先に発表されてしまった(1958/1=115号)なんて話があった記憶があります。
自作ストラクチャーを含め,ちゃんとレイアウトを作っていた当時の高校生,恐るべし!
by Tad (2015-01-26 00:08) 

Cedar

◼︎Tad様
SPライン〜名奈信野言辺江鉄道
高校生の作品にしてはレベル高い、特に軽便風のファンタジーの後者はコンセプトが素晴らしいですね。

by Cedar (2015-01-26 06:12) 

のり

なかなか素敵な面構えですね。
こんな魅力的な交通機関も、現代の都市では機能しないのでしょうか。
「車」というものを手に入れてしまうと、それを手にしたものにとっては邪魔者でしかないのでしょうね。「手に入れられなかったもの」やって「手にしたくなかったもの」には、住みにくい世の中になってしまいました。
by のり (2015-01-26 06:52) 

Cedar

◼︎のり様
オランダは平らな土地なので自転車が電車のライバルにもなってたとか?
Cedarも若い一時期を除いてクルマとは無縁な生活をしています。
 最近の公共交通の縮小や高齢者運転免許取得の制限など、
10年後、自分は気軽に出かけられるのか?と思うコトがあります。
by Cedar (2015-01-26 09:57) 

Cedar

★arail206様
★ぷっぷく様
nice!ありがとうございます
by Cedar (2015-01-26 22:18) 

からんだ

うは、これは痺れる電車ですねぇ。
インターアーバンといえばアメリカ!な感じもありますが
欧米にも魅力的な電車が走っていたんですねぇ。

街中の併用軌道にごちゃごちゃ電車が集まってくるターミナルなんか
かな~りソソりますね。
自分とこのモジュールにも作りたい風景です。

アメリカだったらここに大屋根がかかって、廃線後は
グレイハウンドの高速バスが発着するんでしょうか、とか
妄想しちゃいました。

私はど真ん中ストライク!なネタです(笑)
続きも楽しみにしています!
by からんだ (2015-01-26 22:38) 

Cedar

◼︎からんだ様
ありがとうございます、文字通りの『欧米』形レイアウトのオーナーには、やはりど真ん中ストライクでしたね!

大屋根のインタアーバンターミナルがグレイハウンドのバスデポに、ってのはインディアナポリスですね。私も記事にしています。
by Cedar (2015-01-27 00:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0