So-net無料ブログ作成

路面電車が専用橋を渡るとき [昔鉄写真]

前々回の記事への、京葉帝都様やひでほ様の『路面電車の専用橋』に関するコメンにヒントを得て、ひと記事でっち上げました。鉄橋コメ3.JPG鉄橋コメ2.JPG

たしかにそうなんです。その証拠にものぐさCedarもせっせと足運んで撮ってました。s5405九州04.JPG(1)

~ていうことで、『女が階段を上るとき』ならぬ『路面電車が専用橋を渡るとき』~

一応北から順にご覧下さいまし・・

まずは札幌市電、国鉄札幌駅の西方で構内をまたぐ区間は専用橋になっていて鉄北線跨線橋と呼ばれていました。

札幌7103-鉄北越.jpg(2)

Cedarの知っている札幌市電唯一の専用軌道区間。丸っこいボディに一枚窓の札幌フェイスが行き交います。超大窓の連節車もここを通っていたのですがキャッチし損なったのは残念です。撮影は昭和46年ですが、1年後にこの区間は廃止されました。


(3)次は専用橋ではないのですが、これは見ていただく価値アリと思ってここに~福島ディティール画像運転台から01.jpg (3)ベトナムの風景ではありません!昭和41年に父が撮影した、福島交通軌道線阿武隈川の伊達橋での運転室展望です~


東京都電の専用橋といえばやはりここです。旧城東電軌の買収区間にあった中川放水路の鉄橋

錦糸町駅前以遠は専用軌道も多く、江東地区独特のムードの漂う路線でした。。都電25番中川03.jpg(4)
旧中川にかかる専用橋をわたる25系統の1500です。水面の丸太が木場のお膝元江東区らしいです。

つげ義春の劇画にもこんな風景が登場します。明らかに上の場所ですね・・つげ義春02.jpg(5)都電25番中川04.jpg(6)0メートル地帯らしく水面が土地より高いので、太鼓橋になっているのに加えて上げ潮の時には桁が水に浸かります。堤防とともに水に浸かる部分の色が変わっているのが判ります。

撮影は昭和44年、高度成長の時期は都電がどんどん消えていく時期でもありました。 

もっと凄かった太鼓橋は、同じく旧城東電軌だった竪川の専用橋、亀戸天神の太鼓橋よろしくものすごい従曲線(って最近使わないですね?)を電車が昇り降り(っていうのが適切な凄さです。)する姿は印象に残っています。
私鉄時代はこんな凄くなかったんでしょうが、ここは25番の中川よりも川幅が狭いぶん両岸の地盤沈下で鉄橋がどんどん背中が曲がってこんなことに・・
江東都電、境川すれ違い1.jpg(7)  
ここには錦糸町~東京駅間の38番と、須田町~葛西橋間の29番が走っていました。江東都電、境川1500.jpg(8)

今では高速7号線の下になっている鉄橋は人道橋として残され、都電のモニュメントとしてレールも残っていると、友人が教えてくれました。


 

東京都内に都電以外の路面電車は『たまでん』こと東急玉川線があり、砧線の吉沢にこんな専用橋がありました。走ってる電車が路面型というだけで、ほとんど郊外電車の風情でしたね。s43砧線吉沢04R.jpg(9)

s44玉電雪200-03R.jpg(10)こちらは玉川線の終点近く、二子玉川〜瀬田間にあったささやかな専用橋、200形の右に2本の木が見えますが、その間に川が流れています。昭和44年5月の廃止前の雪景色です。それにしても背景の街並みの変化が凄まじいです。


昭和43年に訪ねた名鉄美濃町線上芥見~白金間津保川鉄橋で当時美濃町線の主力として活躍していたモ500をキャッチしました。モ510・520が揖斐線急行用に取られたせいでしょうか?

元々木造の車体に鋼板を外から貼り付けた、所謂<にせスチール>という奴ですね。クラシックなスタイルに似合わず窓枠はアルミサッシュ化されていました→オリジナルの窓枠は上部にRつきだったようです。下回りもトラス棒にブリル台車で、明治~大正のスタイルそのものです、こんなのが昭和40年代はじめには現役だったのです。名鉄500-02.jpg
(11) カラー写真の撮影者は父です・・ブリル台車が大好きな父は、この電車が気に入ったようで、いたくご満悦でした。


一方、生意気な高校生だった私はといえば、こんなモノクロ写真で自己満足していたわけです(汗)

(12)鉄橋付近のカーブを行くモ500の逆光写真です。模型レイアウトの背景画にありそうな山並みが面白いです。こうしてみると路面形の電車が走る線路には見えませんね。名鉄500モノ01.jpg

同じ場所の5年後です・・

路面電車が思い切り開けた風景の中を行くのが、都会から来た鉄には珍しく感じたものです、鉄橋の後ろの山の形も印象に残りましたね~広い空の下では単行の路面電車はことさらに小さく見えます。

s47-5-18 08.JPG
(13)
モ590形。岐阜市内線用の路面形ですが、ギヤ比を変えて郊外線に転用した車両です。
岐阜のサバーバン全面廃止まで頑張って、最後には仲間の1両がこの塗装に復元されていました。

加えて、モ600形の新岐阜直通急行が注目の的でした。1500Vの各務原線に乗り入れての新岐阜直通のため、小さな車体に複電圧装置を組み込み、急行用として転換クロスシート装備、塗装もパノラマカーと同じ赤に白帯・・名鉄もこのころはローカルトロリーライン活性化のための投資を積極的にやっていたのです。s47-5-18 03.JPG
(14)ボールドウィン形の台車と小さめの1段窓は、ほんのりインタアーバンの香りがします。

クロスシート車の急行、路面形の普通、タイプの違う電車が交互にやってくるのがなんとも楽しかった。そんなトロリーパラダイスも消えてしまってはや10年・・・


本州日本海側でトロリーが頑張ってるのは富山県です。

今は第3セクター万葉線=当時は加越能鉄道高岡軌道線のハイライトは、庄川にかかる本格的な鉄橋~路面形がこういう区間を行く風景が好きなCedarとしては迷わず撮影しました。

(15・16)路面電車というよりインタアーバンの風情~実際にかつては富山市内⇔高岡市内を直通運転して、まさにインタアーバンだったのです。庄川01R.jpg庄川02R.jpg

(17)金沢在住の友人の画像で、同じ場所での万葉線アイトラムがもご覧下さい。万葉線ろくどじ01.jpg

(18・19)こちらは中新湊駅近く。海が近い港町らしい風情と電車の組み合わせ~こちらも加越能時代と万葉線になってからを並べます。中新湊02R.jpg万葉線.jpg

電車が変わったものの、周辺はあまり変化無し?


関西からはこの2景

tekkyou.JPG
(20)阪堺線のクラシックな鉄橋は歴史を感じさせますね~いつまでもこの姿でいて欲しいものです=皆様のブログでもお馴染み大和川橋梁

鉄橋1JPG.JPG
(21)こちらは過去の風景=神戸市電が国鉄和田岬線近くの専用線をオーバークロスしていた姿です。なかなかカッコイイデザインの跨線橋~さすが神戸ってことですか・・?

大阪市電にも他の鉄道をオーバークロスする専用橋があったようですが、それには間に合いませんでした。


こちらは広電

(22)小網町電停の先には、短い専用橋がありますが無骨なコンクリートなのが残念。こういうのってホント絵にならないですね。
広電小網町電停拡大.JPG 
宮島行きに続行しているのは(21)に写ってる神戸市電500形の譲渡車です。


瀬戸内海を渡って、四国の『とでん』西高須 - 知寄町三丁目間の葛島橋、好撮影地でしたが今は随分様子が変わってるようです。元山陽電軌の800形と、600形s53土佐電鉄鉄橋800形.jpgs53土佐電鉄鉄橋600形.jpg
(23・24)


筑豊電鉄遠賀川鉄橋も好きな場所でした。川幅の広い河原を越えていくプレートガーダーの連なり・・・高速電車仕様の鉄橋を路面形が渡るというアンバランスが好きで、九州に行くとよく足を向けたのでした。
~いつもはごみごみギリギリが好きなCedarなのに、何故かここは好き~やはり<アンバランス>というのがキーワード!だったのですね。s45直方03R.jpg
(25・26)撮影は昭和45年、春浅い河原の向こうには山並みがぼんやりと見える田園風景・・・こんな路面電車の風景は、日本ではここだけですね。s45直方04R.jpg
九州まで来てこんなロングのカット・・少しもったいなかった?

その時もそう思ったのでしょう。次の訪問の昭和54年には諸先輩に倣って<水鏡>にトライしましたが、空のどんより具合やらフレーミングの拙さやらで、結果はこんなことに~慣れない事はするもんじゃあアリマセン。
s5405九州05.JPG
(27)昭和54年当時は、まだ北九州線と線路がつながっていて、下半身がオレンジに変わり、締まりのなくなったツーマン連接車が走っていました。

当時走り始めたばかりの筑鉄オリジナル(といってもご承知の通り西鉄から転属ですが)3車体連接車が川を渡ってきました。3車体連接を示すHMを掲げ、当時大牟田線にデビューした2000系譲りの塗装も誇らしげでした。s5405九州09.JPG
(28)パンタが精一杯の背伸び・・・後に乗ったアメリカのLRTもこんな雰囲気でした

 

筑鉄の本家(?)というべき西鉄北九州線の専用橋をひとつ鉄橋2JPG.JPG
(29)小倉の大門で分岐した戸畑線が国鉄をオーバークロスする地点、架線柱のデザインがかっこいい~走ってくる電車もカッコイイです。


こちらは長崎電軌~これはまた筑鉄とは対照的にささやかな専用橋です。s4703長崎102.JPG
(30)こんな場所でもカメラ向けるってのは、『そそられる』ってことですね~。


(31)日本最南端の路面電車鹿児島市電でも、やはりそそられてました
城山を回り込み、鹿児島本線を乗り越す区間は、高架の専用軌道でした。s45岩崎谷高架R.jpgごみごみした生活観が好きです、九州のローカルブランドの雄、フンドーキンの看板も見えていますね。

s45鹿児島本線跨線橋02R.jpg
(32)架線が空に広がる感じも、好きです。


 

title_world_us_pittsburgh.jpg
(33)しんがりはアメリカのLRTの中でえらく立派な専用橋を渡るのをひとつ、かつての鉄の街ピッツバーグ~ダウンタウンを地下で抜けるといきなり鉄橋というロケーションはびっくりでした。橋脚の造りでわかるように元々は一般鉄道の鉄橋だったものをリフォームして使っているようで~アメリカのLRTにはよくある手法です。

てなわけで・・ピッツバーグで終わった『路面電車が専用橋を渡るとき』でした。
京葉帝都様・ひでほ様、記事にヒントいただきありがとうございました。

ではまた。

 

 

 


nice!(22)  コメント(20)  トラックバック(0) 

nice! 22

コメント 20

Cedar

★AKI様
nice!ありがとうございます
by Cedar (2015-04-09 16:35) 

Cedar

★hanamura様
★あるまーき様
nice!ありがとうございます
by Cedar (2015-04-09 17:52) 

モハメイドペーパー

 懐かしいシーンです。筑豊電鉄は博多までの郊外電車を想定していたので、高架橋や鉄橋は相応の重量に耐えられる設計になっているそうです。
by モハメイドペーパー (2015-04-09 20:56) 

Cedar

◼︎モハメイドペーパー様
遠賀川鉄橋から市内に突っ込んだ所の筑豊直方駅の高架が、プッツリ途切れているのが切ない風景でした。
折尾といい直方といい、儚い夢に終わったのは残念です。

★ぷっぷく様
★やまびこ3様
★モボ様
nice!ありがとうございます
by Cedar (2015-04-09 22:13) 

Cedar

★TakiHaru様
★ハマコウ様
nice!ありがとうございます
by Cedar (2015-04-10 03:05) 

のり

素晴らしいものを見せていただきました。
弱々しそうなものから屈強そうなものまで、専用橋はいろんなところで活躍していたのですね。
福島交通の写真は、なんとも言えず素晴らしいと思います。

手前味噌で申しわけありませんが、こうした中で、阪堺の大和川橋梁は、少し趣きが異なっている感じがします。まるで高速鉄道のような本格的プレートガーターの鉄管橋脚。すぐ上流にある南海高野線の大和川橋梁や架替前の南海本線大和川橋梁と共通デザインです。
本格的なターミナルだった恵美須町駅とともに、スタートは阪急・阪神や京阪と同じでありながら、高速電車になれなかった阪堺電車の悲哀を感じます。
by のり (2015-04-10 07:11) 

EF510-230

都電荒川線雑司ヶ谷の短い鉄橋も道路整備のため姿を隠してしまいました。
by EF510-230 (2015-04-10 11:37) 

京葉帝都

コメントの再掲ありがとうございます。たくさんの写真を見ていると現在稼働中の鉄橋も何となく懐かしく見えてきます。城東電車〜都電が東京下町の太鼓橋を渡る時はかなり加速・助走していたのではないかと思います。万葉線は庄川河口の鉄橋はダイナミックですし、内川の鉄橋(18,19)もなかなか情緒があります。(21)の神戸のアーチ橋には驚きました。お茶の水〜秋葉原の松住町架道橋みたいな立派な橋なので強烈なランドマークだったのでしょう。日本には川面から低い位置の鉄橋でトラスやアーチは殆ど見かけない(近くでは京葉臨海鉄道村田川橋梁くらい)ですが、アメリカでは結構あるような気がします。
by 京葉帝都 (2015-04-10 14:20) 

Chitetsu

路面電車の専用橋、堪能させていただきました〜。
併用軌道から突然専用橋になるようなシチュエーションに結構痺れます。
美濃町線の新関の先の併用軌道にもそんなところがありましたね。

by Chitetsu (2015-04-10 14:51) 

Cedar

◼︎のり様
楽しんでいただきましたか?
阪堺線の専用橋は大和川の他に、霞町ー今池間の極端に天地が低い架道橋があります。映画で見て、恐る恐る撮影に行きました。
◼︎EF510-230様
テレビ『水漏れコウスケ』の水道屋さんの近くでしたね。あのあたりの激変ぶりにガッカリして近づいていません。
◼︎京葉帝都様
こちらこそありがとうございます。万葉線庄川のは、海を渡る路面電車、という感じがいいですね。
和田岬のアーチは前後の高架橋ともども素晴らしいデザインでした。あんな場所になぜ?とも思いましたね。
◼︎Chitetsu様
道路からいきなり専用橋というと、改良前の能勢電猪名川を思います。東武日光軌道線の神橋とかもそうなってました。

★sonic様
nice!ありがとうございます



by Cedar (2015-04-10 22:00) 

Cedar

★arail206様
nice!ありがとうございます
by Cedar (2015-04-10 23:59) 

青春M

こんにちわ
出るかなーと思って見せていただいてたら、やはり出ました和田岬!!
写真枚数も多く、ほんとに堪能させていただきました、ありがとうございます
by 青春M (2015-04-11 11:54) 

伊豆之国

「路面電車の専用橋」というと、阪堺電車が南海高野線を乗り越す「神ノ木」の高架橋とか、嵐電の四条大宮~西院間、地上時代の山陰線を乗り越していた築堤部分、その前後に今も道路をまたぐ高架橋があるのが印象に残っています。「準路面電車(と私が定義している路線)」では、京阪石山坂本線の三井寺駅の横の琵琶湖疏水にかかる短い橋や、江ノ電の鵠沼駅近くの境川の鉄橋、七里ヶ浜駅の近くの鉄橋などが思い浮かんできます。
都電荒川線の面影橋~学習院下間の神田川の橋は、周囲の風景が一変して風情がなくなってしまったのが惜しいものです。「玉電」渋谷駅の高架部分も、いまやその面影を見つけることも難しくなったのでしょうか。砧線の吉澤駅横の用水路の橋は、小学生時代に駒澤から多摩川の川原まで歩く「徒歩遠足」で、近くをよく通ったものでした。
by 伊豆之国 (2015-04-11 13:36) 

Cedar

◼︎青春M様
和田岬の高架は神戸市電きっての撮影ポイントだと思いますが、写真は少ないですね。楽しんでいただけたなら幸いです。
◼︎伊豆之国様
今回出てこなかった場所を列挙していただきありがとうございます(阪堺や嵐電は撮影してますね)。
江ノ電や石坂線はCedar的には路面電車とにいれるのはちょっと?です。

★FTドルフィン様
★nd502様
★シュウチャン様
nice!ありがとうございます

by Cedar (2015-04-11 13:57) 

Cedar

★くらいふ様
★素人写真様
nice!ありがとうございます
by Cedar (2015-04-11 17:51) 

Cedar

★あおたけ様
nice!ありがとうございます
by Cedar (2015-04-11 21:33) 

ひでほ

Cedarさん、こんばんは
記事UPありがとうございました。
鉄橋と路面電車、堪能させていただきました。

特に瀬田ー二子玉川の鉄橋は駒沢に住んでいたころ
よく利用したので懐かしかったです。
砧線は川遊びで二子玉川に行った折、母にせがんで1往復。
ガーターだけは廃線後も数年残っていたと記憶しています。

筑豊の鉄橋は一度行ったことがあります。
春に行ったので菜の花がとてもきれいでした。

いらっしゃったことはあると存じますが、広電の五日市の鉄橋もそそりますよ。
by ひでほ (2015-04-12 18:19) 

Cedar

◼︎ひでほ様
こちらこそヒントいただき、ありがとうございました。
こうしてみるとCedarはそそられまくってますね(笑)。
筑豊の鉄橋行かれたとは、そそられ易い?
体調にお気をつけて、鉄(橋)趣味を楽しんでいただきますよう。
by Cedar (2015-04-13 00:43) 

Cedar

★とーる様
nice!ありがとうございます
by Cedar (2015-04-13 00:44) 

Cedar

★UZ様
★taharas様
★coachman様
nice!ありがとうございます
by Cedar (2015-04-14 01:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0