So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

妻のいる鉄風景(その11、NYの模型店など) [街景色・人・モノ]

今日6月8日は13回目の妻の月命日、先ほど墓に行ってきました。
(1・2)
NY模型001.jpgNY模型002.jpg
NY模型01.jpg(3)
今回の『妻のいる鉄風景』、モケーでばたばたした昨今こちらも模型がらみで。
場所は3・11の前までほぼ毎年2人で出かけたNY~

NY模型02.jpg(4)
上2枚は、NY近郊在住だった鉄友人につれてってもらった『TRAIN SHOW』、会場はNJ州の小さな町の学校の体育館でした。模型は勿論、本やビデオ等のブースが並ぶこういう催しは、ネット購買が日本以上に進んだアメリカでも根強い需要があるようで・・・・

ほぼ1週間くらいの旅程のうち、1日くらいは鉄分補給に付き合ってもらっていましたね。

乗ったり撮ったり、模型もたまに…

このときもNJの田舎町でこういう催しがあるということに、妻はびっくりしていました。
『来てる人の雰囲気は日本に似てる』とも言ってましたね~確かに会場に漂うヲタ臭は同じだった・・・

お次の場所は、NYに行くたび必ず立ち寄っていた模型やさんですNY模型05.jpg
NY模型09.jpg(5・6)マンハッタンのど真ん中、かの5番街にも近い場所の老舗です。MOMAやタイムズスクエア等の観光スポットからもすぐ。
場所から言えば天賞堂ですが~店の雰囲気は大違いです。

NY模型06.jpg(7)
結構広い店内は、カオス的にあらゆるものがごちゃごちゃと並べられてます。
ドンキホーテかビレヴァンか
というごちゃごちゃぶり!


Cedarがガキ時分の日本の模型店の懐かしい雰囲気そのもの~
ミッドタウンのど真ん中にこういう店があるのがまたNYらしい ともいえますね。

NY模型07.jpg(8)
いろいろ相談を持ちかけるお客に、ウディアレンみたいな早口で応対する姿見てるのも『おおNY!』と思ったりして・・ちなみにこのお客さんは、線路配置図見せながらなにやら相談してましたね。

初めて行ったときの妻の言葉=
『まあ~しっちゃかめっちゃか!』


(ここでも出ました!)


でも、妻が(実はCedarも)楽しみにしてたのは、店にいるこの猫でした。
接客中でも堂々とウインドウに寝そべって全く物怖じしないのがまた、可愛いというか・・・


NY模型08.jpg
(9=アメリカのサイトから)



Cedarが店内をうろうろしてる間、妻は猫をながめて待っていてくれました・・
NY模型04.jpg
(10)

最後にNYに行ったのは2007年でしたか・・・
そのときもここには行きましたが、『Oゲージのトラクション関係のものを探してる』と店主に言ったら、『ついて来い』と奥の鍵の掛かった部屋に案内されてびっくり、ブラスの完成品やら絶版のキットやらパーツやらのストックが一杯!
パーツBOXを出してきて『勝手に見ていいよ』と言われ、
大興奮で箱をあさること約40分~

全部まとめて$100の買い物でした。

その間の妻はといえば、やはり鉄ヲタ旦那(当然ガイジン!)についてきた奥さんと2人で入口の階段に座って待っててくれました。
『お互いたいへんねぇ』と(目と目で)会話したとか・・・・
ま、妻は僕よりか明らかに英会話力は上でしたけど。

NY模型03.jpg
(11)

え~ちなみに、そのときに買ったキットを組んだのがこの2両(↓)です・・・

(12・13)
写真 22
RIMG0049_20141128164023664.jpg

とかとか・・・妻も大好きだったNY、時には鉄ヲタ旦那のこんな行動も許してくれました・・
内心ではむかついてたのかも~

(14)
NY模型11.jpg
NY模型12.jpg
(15)『ありがとう』と声かけたくても、妻はもういない・・・



ではまた。


nice!(18)  コメント(11)  トラックバック(0) 

nice! 18

コメント 11

ナツパパ

Cedarさんもご夫婦お二人で旅行することが多かったのですね。
写真を拝見すると、お二人の仲良しの雰囲気が感じられます。
わたしのカミさんも、ダンナのオタク趣味に付き合ってくれ、
得難い相棒、と先日の旅行で再確認しました。
...大事にしなくちゃな、と思っています。
by ナツパパ (2016-07-08 22:57) 

FTドルフィン

アメリカン・鉄ニャン!

昔、吉祥寺に
歌川模型ってモケー屋さんがあって
すっごい小さな店で夫婦でやってて
店の中は、しっちゃかめっちゃかでしたが
何々が欲しいって告げると
大体のモノは奥から出てくる
不思議な店でした。
猫はいなかったけど・・・w

by FTドルフィン (2016-07-08 23:32) 

シグ鉄

一周忌で一区切りつけられるかと思いましたが・・
奥様もさぞお喜びでしょう。
by シグ鉄 (2016-07-09 10:11) 

motosan

模型屋さんの数は減ってしまったが、鉄道模型ショーは相変わらず開催されているようです。鉄道に限らず、アンティーク、車、絵葉書、古本などなども、やってます。ネット時代になっても、実物を見て楽しみたいとの欲求は、皆もっているのでしょう。

The Red Cabooseに初めていってから40年近くになりますが、既に猫はいました。今の猫は多分その、曾々孫くらいかな。歩いて行ける場所の模型屋さんは、貴重ですね。
by motosan (2016-07-09 11:07) 

ひでほ

いい思い出があってうらやましいです。
昨日20年前にプチおつきあいしていた人に電話したら結婚していました。32年前の人は、世の中でいちばんきらいなやつにとられました。
女難のふーてんのひでちゃんより。
by ひでほ (2016-07-09 20:00) 

Cedar

■ナツパパ様
旅というのはエゴイズムがでますから・・・小さな喧嘩はあったですが、妻がいろいろ我慢してくれたような気がします。
■FTドルフィン様
確かに歌川模型のような雰囲気の店でした~広さは10倍以上ありますが・・・宝探しのできる模型やさんはどんどん減ってますねえ。
■シグ鉄様
1周忌で区切りという思いは自分にはありませんでした~喜んでくれてるかはわかりませんが・・・
■motosan様
Red Cabooseの猫はまだ店がビルの4Fにあったころからいましたね。今のは何代目でしょう・・
あの場所に模型やがあるのはNYならでは、LAなんかだと街から遠くって困ります。
■ひでほ様
女難があるだけマシかもです。鉄には女性と全く無縁の人も多いので・・・
by Cedar (2016-07-11 00:00) 

Cedar

★schnitzer様
★nd502様
★モボ様
★myossy様
★hanamura
★やまびこ3様
★s-pengin様
★あるまーき様
★ぷっぷく様
★hideta-o様
★AKI様
nice!ありがとうございます


by Cedar (2016-07-11 00:03) 

八犬伝

危うく見過ごすところでした。
このシリーズ、大好きなのです。
by 八犬伝 (2016-07-11 21:07) 

Cedar

■八犬伝様
ありがとうございます。
想い出はまだ、たくさんあります。

★まめうさ様
nice!ありがとうございます
by Cedar (2016-07-11 23:42) 

京葉帝都

NYの模型店での奥様との楽しい一時、さぞかしNYを離れ辛かったことでしょう。お店の看板猫の凛々しい表情がイイです。インターアーバン車の模型はCedarさんのブログの写真でしか見たことがありません。
by 京葉帝都 (2016-07-12 20:11) 

Cedar

■京葉帝都様
NYにはまた行きたい、でも妻との想い出がありすぎて・・・
この模型やに初めて行って買ったのもインタアーバンの模型でした。
by Cedar (2016-07-13 00:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0