So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

土曜は記念日! [鉄分交友]

先週土曜日の夕方のことでした。
小田急豪徳寺近くの某所で~BNt0JoGlUEW2seJ1519303736_1519303758.jpgoYh9Fj6p7w0cT4I1519311442_1519311499.jpg
(1・2)歴史的出会いに立ち会いました。

 
高校時代からの鉄仲間である、イワキ鯨川君製作・所有のレイアウトセクション(=あ、今はジオラマか・・)が、久々に日の目を見たのですが・・・IMG_7284.JPGIMG_7237.JPGIMG_7249.JPG(3~5)

そこにCedarとともに立ち会ったのが、モケー界の超ユーメー人、かのChitesu巨匠だったのでした~

だからど~した、などというなかれ!

IMG_7241.JPGIMG_7246.JPG(5・6)このセクション「イワキ交通」が、かのとれいん誌に載ったのが1987年のこと~
作者イワキ君とは高校時代に地方私鉄(彼は弱小私鉄)の駅の線路配置を考えるとか、始発駅が国鉄駅とは離れていてごみごみした路地を抜けたところにあるのがいい!とか、始発駅を発車した電車がギリギリと街並みを抜けて(途中には緑町、なんて名前の駅があったりする)、貨物授受とかやってる国鉄との接続駅に着くんだよね!なんて妄想話をよくしてたものでした。

IMG_7242.JPGIMG_7245.JPGIMG_7243.JPG(7~9)でも当時は、彼の鉄活動のメインはやはりSL・国鉄だと思っていたので、それから10年くらい経って、とれいん誌にこのセクションが発表されて、何も知らないCedarはびっくり仰天したのでした。

加えて、ここに写ってる北陸鉄道風塗装のお電車群~鯨川地方鉄道の車輌IMG_7239.JPGIMG_7247.JPG
(10・11)拙ブログの読者ならTMS誌上で見た方もいらっしゃるのでは?

実はこちらが先(1978年)にTMS誌に載ったのを見たときも、なんだなんだいつの間にこんなの!と思ったものです。

当時も自由形私鉄電車の模型は発表されていたものの、単なるフリーランスではなく、地域や産業、地形などを想定(妄想)して、そこに実在するという地方私鉄を模型化、というのは斬新で、のちのちまで多くのモデラーに影響を与えたのだとか・・・

そうなんです!このセクションと車輌こそ、今や地方私鉄(あ、キュウコクも?)と鉄情景つくりのChitetsu巨匠が、御本人の心象鉄道趣味の原点だと公言されてるものなんです~。

 出不精で昔から有名だったイワキ君ですから、このセクションも車輌も肉眼(爆)で見た人はホントに数少ない、とはご本人の弁~
IMG_7268.JPG
(12)Cedarも10年以上前に、屋根裏の奥深くに眠る姿を垣間見せてもらったのが唯一の出会い(そのときの記事→)でした。

 イワキ・Chitetsuご両人とは鉄分ほかもろもろ親しく交友させていただいてますので、諸事情で今後なかなか見ることが出来ないかもしれないこのセクションを、「Chitetsuさんに見ていただきたい」との申し出がイワキ君からあった時、やりテー爺を二つ返事で引き受け「コンな話がありまっせ」とChitetsuさんに繋ぎました。

 

更に更に、
イワキ交通・鯨川地方鉄道に中越地方鉄道が乗り入れ!!という、空前絶後のシーンが展開しました(これもイワキ君のアイデアです)。IMG_7274.JPGIMG_7289.JPGIMG_7285.JPG
(13~16)う~ん、まったく違和感がありませんね!IMG_7266.JPGIMG_7251.JPG(17・18)ン10年の時を越えて、先達イワキ・鯨川と後裔中越地鉄が美しき出会い!なんてついつい大げさに書いちゃう・・・・

とかとか~時間はあっという間に過ぎていき、セクションの上で飛びかう会話も尽きません~IMG_7270.JPG(19)地方私鉄電車の自由形模型、と言うジャンルを確立したご両人の楽しそうな姿は、日頃メリケン電車にどっぷりのやりテー爺Cedarも、楽しい気分になりました。
とかとか・・

IMG_7253.JPG(20)30年の間封印されていた、車輌とセクションが束の間の活気を取り戻しました!
そんなこんなで2時間くらいのレイアウト遊びの後は~近くの居酒屋で例のごとく~

IMG_7294.JPG
(21)3人でカンパイエエエエ~イ!!(このショット、結構しばらくぶりかも?)・・・
その後は鉄やらなにやら仕方話で夜は更けました。

あ~楽しかった!!

ではまた。

nice!(24)  コメント(21) 

nice! 24

コメント 21

FTドルフィン

少し方向性は違うかもしれませんが
僕が日々追い求めている光景は
まさしくこの世界。。。
もうリアルでは絶滅した世界ではありますが
断片を使って、再現しようと
日々ファインダーを覗いているのかも知れません。。。

by FTドルフィン (2018-02-23 06:29) 

ナツパパ

これは素晴らしいシーンを拝見しました。
仮想の鉄道世界を模型で作り上げるのは、当時あちこちで
盛んでしたが、このセクションは本格的ですね。
並んだお二人の笑顔が素敵です。
きっと、Cedarさんも一緒に笑顔だったのでしょうね。
by ナツパパ (2018-02-23 09:19) 

Chitetsu

その節は、お取り計らいいただき、ありがとうございました!
自分にとっても世紀の乗り入れで、楽しい時間でした!
肉眼でイワキ交通見れて良かったです。
色褪せていませんでしたね〜!
by Chitetsu (2018-02-23 14:14) 

Cedar

■FTドルフィン様
ある世代以上には、懐かしい風景の集大成って気がします。
面影探してファインダー覗く気分もよくわかります。
■ナツパパ様
>仮想の鉄道世界を模型で作り上げるのは、当時あちこちで
盛ん~
これはそういうのの第一号だったと思います。先達と後裔の語らい、また楽しからずや、でした。
■Chitetsu様
喜んでいただけたのならやりてー爺は幸せです。
イワキ交通、作者より色褪せてませんでしたね。

★viviane様
★hanamura
★@ミック様
★鉄腕原子様
nice!ありがとうございます

by Cedar (2018-02-23 14:22) 

イワキ鯨川

ご両人、先日はお疲れ様でした。引っ越しと言う一大イベントのおかげもあって、ウン十年、屋根裏部屋に眠っていた「イワキ達岡」が、日の目を見たのですから、何をかいわんやです。取りあえずは楽しんでいただけたようで、作者としてもうれしい限りです。今後の動静は予断を許しませんが、何とか取り壊しだけは避けられたようです。

by イワキ鯨川 (2018-02-23 20:09) 

SpeedBird

まるで本物のような出来栄えですね!さて2/23本日も2000系走ってましたよ!
by SpeedBird (2018-02-23 20:25) 

モハメイドペーパー

 作り込みはすばらしいです。しかし、このレールの上を実際に車両が走れるようにできているのかが気になるところです。理屈を捏ねるようですが、走れるならレイアウトセクション、そうでなければジオラマ、と私は考えています。
by モハメイドペーパー (2018-02-23 23:05) 

Cedar

■イワキ鯨川様
こちらこそ、引越し前の忙しい時にありがとうです。
取り壊すんなら誰か引き取り手が居ると思うよ。
■SpeedBird様
筑鉄情報ありがとうございます。来週26日月曜には行きます!
■モハメイドペーパー様
仰るようにジオラマは静、セクションは動だと思います。
これも画像にあるようにポイントのタッチ板と配線は出来てるようです。

★nd502様
★やまびこ3様
★undo様
★myossy様
nice!ありがとうございます





by Cedar (2018-02-24 01:11) 

Cedar

★はじドラ様
nice!ありがとうございます
by Cedar (2018-02-24 11:34) 

Cedar

★hideta-o様
nice!ありがとうございます
by Cedar (2018-02-24 15:09) 

ひでほ

けっこうですなあ。
くんくんすると中小私鉄の油のにおいがつたわってきます。
考えてみたら、こういう私鉄、もうどこにもありませんね。
p.s.
豪徳寺でLSEもみられなくなるんですね。営業初列車展望台乗車がついこのまえ・・・じじいの重度障害者になりはててしまいました。
豪徳寺、私の中ですみたい街ナンバーワンです。
金があったら、駅の松原側のあたりに家たてて、オーディオルーム、工作室、模型もやりたいです。
山下駅前のラーメン屋と、タイムスリップした電器屋あるのかなあ?
ところでビールおいしそうですね。尿酸値へいきですか?
by ひでほ (2018-02-24 16:14) 

Cedar

■ひでほ様
こういう私鉄は当然絶滅しました。
模型ならではの光景ですね。


by Cedar (2018-02-24 19:15) 

Cedar

■シュウチャン様
nice!ありがとうございます
by Cedar (2018-02-24 22:53) 

Cedar

★モボ様
nice!ありがとうございます
by Cedar (2018-02-25 11:51) 

京葉帝都

ツートンカラーのオールドタイマーな電車が並ぶ光景は壮観ですね。
架線が張っていないので、非電化私鉄の拠点駅&車庫にも通じるものがあります。
1線1両の貨物ホームには萌えました。子どもの頃に油田(あぶらでん)駅で車窓から見えた、傍らの酒造工場から木枠で梱包された一升瓶を黒ワムに積み込んでいるシーンを思い出しました。

by 京葉帝都 (2018-02-25 14:11) 

Cedar

■京葉帝都様
萌えていただきましたか、電化非電化を問わず、いまや地方私鉄そのものが絶滅危惧種ですから・・・
ところで油田ってどこでしたっけ?

★モリガメ様
★ぷっぷく様
★八犬伝様
★ネオ・アッキー様
★あおたけ様
nice!ありがとうございます

by Cedar (2018-02-26 22:10) 

からんだ

この風景!古本屋でTMSを漁っていたとき、衝撃を受けた風景です、
それがまさかの、地鉄電車とのコラボ!感動です!
線路の表情が本当にいいです、精密さだけではない、心落ち着く“何か”がある、素晴らしい作品ですね。
なにかガツンと衝撃を受けた気がしました。この記事は、永久保存させていただきます!笑
by からんだ (2018-02-26 23:46) 

Cedar

■からんだ様
古い友人のアレが、多くの人々に衝撃やら感動やら影響やらを及ぼしてるとは知りませんでした。彼とは高校から、Chitetsuさんとはここ5年くらいのお付き合いですが、世の中って面白いです。

★gardenwalker様
nice!ありがとうございます




by Cedar (2018-02-27 12:51) 

京葉帝都

油田駅は富山県砺波市にあるJR城端線の駅。現在は棒線、無人駅です。
酒は<鶴>に絡んだ名前とイラストで売り出しています。
by 京葉帝都 (2018-02-27 16:21) 

Cedar

■京葉帝都様
わざわざありがとうございます、国鉄→JRは疎いのですみません。


by Cedar (2018-02-27 20:53) 

Cedar

★keizzo様
nice!ありがとうございます
by Cedar (2018-03-01 00:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。